アントニオ猪木の名言・格言30選|心に響く言葉

アントニオ猪木のプロフィール

アントニオ猪木(あんとにおいのき)
・1943年2月20日生まれ,神奈川県横浜市鶴見区出身
・日本の元プロレスラー、実業家、政治家
・元WWF(現:WWE)ヘビー級王者、UWA世界ヘビー級王者、NWFヘビー級王者
・プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。政治家としては参議院議員(2期)
Wikipedia

アントニオ猪木の名言・格言 30選

(1) 1,2,3,ダーーーーーーーーー

~アントニオ猪木~

(2) 妥協して敗れるのか、必死に闘った結果敗れるのかでは大きな違いがある

~アントニオ猪木~

(3) お前ら、今日のところは見殺しておいてやる

~アントニオ猪木~

(4) 人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある

~アントニオ猪木~

(5) 道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!

~アントニオ猪木~

(6) 人生は挑戦の連続である

~アントニオ猪木~

(7) 野球界の大馬鹿者が・・・清原、いたら出て来ーいっ

~アントニオ猪木~

(8) たかが高田の引退だけど、リングを去れど高田は高田。もうすぐ寒い冬。秋はいってしまうけど、高田の奥さんは向井亜紀

~アントニオ猪木~

(9) 俺は金持ちじゃないけど、まぁ、盗った人がそれで少しでも懐が暖かくあるなら、いいんじゃないですか

~アントニオ猪木~

(10) 猪木が笑えば世界が笑う

~アントニオ猪木~

(11) 今、俺は人生のホームレスをやっております

~アントニオ猪木~

(12) 時代に出会って、時代に恋して、時代を背負って歩きたい

~アントニオ猪木~

(13) 元々有りもしない「限界」にこだわると、己れの力に疑問をもつようになり、しくじったり、できなかったとき「ああ、これが俺の限界だ、もうダメだ」とギブアップしてしまう

~アントニオ猪木~

(14) 一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分が敵わないから笑うことで逃げているのだ

~アントニオ猪木~

15) 俺は人が喜んでくれるのが、生きがいというか喜び

~アントニオ猪木~

(16) 夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大風呂敷きを広げて収まりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか

~アントニオ猪木~

(17) 自らに満足している人間は、それで終わりだ

~アントニオ猪木~

(18) 人は歩みを止めたときに、そして挑戦を諦めたときに、年老いていくのだと思います

~アントニオ猪木~

(19) 子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て

~アントニオ猪木~

(20) 自分の我を引っ込めたときには、必ずといっていいほど挫折感を味わう

~アントニオ猪木~

(21) 落ちたら、また這い上がってくればいいだけのこと

~アントニオ猪木~

(22) 元気が一番、元気があれば何でもできる!

~アントニオ猪木~

(23) 馬鹿になれ。とことん馬鹿になれ恥をかけ。とことん恥をかけ。かいてかいて恥かいて。裸になったら見えてくる。本当の自分が見えてくる。本当の自分も笑ってた。それくらい馬鹿になれ

~アントニオ猪木~

(24) 死ぬエネルギーがあるくらいだったら、まだまだ生きられると思った

~アントニオ猪木~

(25)「迷わずいけよ」と言っても、俺にも迷う時もある

~アントニオ猪木~

(26) どうってことはない。負けたと思ってないんだから

~アントニオ猪木~

(27) 貧しいから手に入れようとするものがある

~アントニオ猪木~

(28) 一人だからこそできることもある

~アントニオ猪木~

(29) 踏み出せば、その一足が道となる

~アントニオ猪木~

(30) 常識から1ミリでもいいから一歩踏み出せ

~アントニオ猪木~