村西とおるの名言・格言30選|心に響く言葉

村西とおるのプロフィール

村西とおる(むらにし とおる)
・1948年9月9日生まれ、福島県いわき市出身。
・日本のAV監督、実業家。
・アダルトビデオ黎明期に革新的なスタイルで作品を発表して、AV黄金期を築き上げ、「アダルトビデオ(AV)の帝王」「ハメ撮りの帝王」の異名を持つ。
Wikipedia

村西とおるの名言・格言 30選

(1) ナイスですね。

~村西とおる〜

(2) 私は毎朝、亡き両親の仏壇に線香をあげながら心の中で話しかけます。「お元気ですか?」と。死んだ人間に「お元気ですか?」なんておかしな話ですが、それは心で想う、心でつながっているというしかない。私の命がある限り、父母の命も同時進行として永遠なんです。

~村西とおる〜

(3) セーフティネットというのはありますね。それまでの人間同士のつきあいの中で、あの人に相談してみたら協力してくれるんじゃないかと思える人がいないと、確かにひとりではどうしようもないときがある。自分がまともなときに、それなりにちゃんと人間関係を築いていたことで救われたというのはあります。

~村西とおる〜

(4) 苦しいなぁ、参ったなぁ、辛いなぁ…と思う時には66歳の私が、まだ今日、こんなパンツ姿で、パンツを脱いで頑張ってるんです。あなただってやれない事、ないじゃありませんか…。是非そんな時、私のことを頭の中に思い浮かべて下さい。

〜村西とおる〜

(5) 私は今年で66歳になるんですけどね、人生の頂点を80歳ぐらいに持ってこられたら、と思うんです

〜村西とおる〜

(6) ギブアップすると、自分の存在価値がなくなる。

 〜村西とおる〜

(7) 過ぎ去ってしまえば過ぎ去ってしまえば、どんな苦しみだって耐えられる。

~村西とおる

(8) 僭越ではございますけれども、自分にしか撮れないもの、提供できないものが絶対にあるハズだと思っております。

~村西とおる~

(9) ヘンな自信があったおかげでしょうね。セールスマン時代も裏本時代もAV時代も、いちおう日本一と呼ばれる実績は築いてきたわけです。だからたとえ50億の借金を背負っても、なんとかなるだろうと。簡単に返せるもんだとヘンな自信があったんですね。といっても、返済するには20年かかりますけど。

~村西とおる~

(10) 私の好きな言葉に、「失望するな。失望からは何も生まれない」というのがあるんです。チャンピオンになれないことは、恥ずかしいことでも、プライドを失うことでもないんですね。

~村西とおる~

(11) 人の好き嫌いを、倫理の斧でもって裁いたりしてはいけない、ということだと思いますね。道徳で縛れるものじゃないんです。衣食住の、あるいは性的な世界というのは、まさしく自由で、守られるべき世界なんですよ。

~村西とおる~

(12) 単純に、人のやらないこと以外は興味がないんです。そこは良いところでもあり、どうしようもなく悪いところでもあります。

~村西とおる~

(13) 若い時は早く成功したい、早く落ち着きたいと思うんだけど、なかなかままならないですよね。ままならないのが人生で、今にして思えばそれが良かったんですね。

~村西とおる~

(14) 一緒にいて得になるときには誰でも近寄ってくるし、損となれば離れていくものでしょう。自分もそうだから。たぶん、人もそうなんだろうと。

~村西とおる~

(15) おとぎ話のような前世の物語や魂がどうのこうのと触れ回っておられる方はたくさんいますが、永遠を語るということがどれほど罪深いことかと。そんなことを言う人は本当に人の苦しみや悲しみを知っているのだろうかと、残酷な事を平気で言うなと、私などはただただ恐れおののくばかりでございます。

~村西とおる~

(16) 勝ち続けることはなかなか難しいけど、負け続けることもない。

~村西とおる~

(17) わたしなど何千回も死にたいと思って生きてきた人間でございます。別に死にたくない時にも、死んでくれと言われた時もありました。

~村西とおる~

(18) 情緒や叙情性みたいなものがなかなか伝わりにくい時代ですね。

~村西とおる~

(19) お待たせし過ぎたかもしれません。

~村西とおる~

(20) 世間に名が通っている有名人や金持ちは運がいいだけなんです。自分の能力だけで稼げたとか、有名になったということは99%ありません。

~村西とおる~

(21) 妄想の世界で遊ぶ愉しみをご提供することで、喜んでいただけたら何よりなのです。

~村西とおる~

(22) 人に何かをしてあげるというのは、そういう風にしてあげた自分の気持ちをわかってほしいということでもあるんです。

~村西とおる~

(23) かつて人類が相まみえたことのない映像をつくりたいですね。

~村西とおる~

(24) カメラを回すというより、言葉で映像をつくっていくような感じです。女優さんに色んな言葉、様々な問いかけをしながら、彼女が思っているよりもっと本質的なところをあぶりだしていく。何でしょう、真実を汲み取っていく巧みさとでもいいましょうか。

~村西とおる~

(25) もし(人間の命が)永遠だったら、人間は人間でありえない。喜びも感動も、考えることもしないでしょう。命は有限で、いつか死んでしまうから楽しめるし、泣くし、笑うし、他者を思いやり愛する心が持てるということです。

~村西とおる~

(26) 街を歩いていて、「借金」「借金」という声が聞こえるんですよ。ふと後ろを見たら、高校生が私の顔を見て「借金」「借金」と言っているんです。

~村西とおる~

(27) 私なども、それはもう傷つきやすいくせにプライドが高く見栄っ張りな男です。だから、そこらへんをちょちょっとつまんで、さっとゆであげればいいだけなんです。男なんて単純で簡単なものですから。

~村西とおる~

(28)「目に見えないけれどつながっている」と体感できるものがこの世にひとつなくてはいけません。

~村西とおる~

(29) 懲役370年という求刑をされましたからね。370年なんて、何回死ななきゃいけないんだってことですよ。ああ、もうこれはダメだと。この地(ハワイ)で人生を終えなきゃいけないのかと、追い詰められた気持ちになりましたよね。

~村西とおる~

(30) 男性というのは女性に積極的に導いてもらいながらも「おれが口説き落とした」、「やってやった」みたいな達成感を持たせてほしいものです。俺の魅力でこの女が惚れた、落ちたみたいな、狩人としての楽しみでしょうか。

~村西とおる~