相田みつをの名言30選|心に響く言葉

目次

相田みつをのプロフィール

相田みつを(あいだ みつを)
・1924年5月20日に生まれ、1991年12月17日に亡くなる。
・栃木県足利市出身の詩人・書家。
・平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。
・書の詩人、いのちの詩人とも称される。
Wikipedia

相田みつをの名言 30選

(1) しあわせはいつも じぶんのこころがきめる。

~相田みつを~

(2) かんがえてばかりいると 日がくれちゃうよ。

~相田みつを~

(3) 毎日少しずつ それがなかなかできねんだなあ。

~相田みつを~

(4) 名もない草も実をつける いのちいっぱいの花を咲かせて。

~相田みつを~

(5) つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの。

~相田みつを~

(6) 澄んだ眼の底にある 深い憂いのわかる人間になろう 重い悲しみの見える眼を持とう。

~相田みつを~

(7) やれなかった やらなかった どっちかな。

~相田みつを~

(8) なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの。

~相田みつを~

(9) いいことは おかげさま わるいことは 身から出たさび。

~相田みつを~

(10) だれにだってあるんだよ ひとにはいえないくるしみが だれにだってあるんだよ ひとにはいえないかなしみが ただだまっているだけなんだよ いえば ぐちになるから。

~相田みつを~

(11) セトモノとセトモノとぶつかりっこすると すぐこわれちゃう どっちかがやわらかければだいじょうぶ やわらかいこころを持ちましょう。

~相田みつを~

(12) 人生において、もっとも大切なとき、それはいつでも「いま」です。

~相田みつを~

(13) 一生悟れなくてもいいから 感動いっぱい、感激いっぱいの いのちを生きたいと思います。

~相田みつを~

(14) 私の、このヘタな文字、つたない文章も、見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。〈おかげさん〉でないものは、この世に一ツもありません。みんな〈おかげさん〉で成り立っているんです。

~相田みつを~

(15) 他人のものさし 自分のものさし それぞれ寸法がちがうんだな。

~相田みつを~

(16) 子供へ一首 どのような道を どのように歩くとも いのちいっぱいに 生きればいいぞ。

~相田みつを~

(17) 柔道の基本は受身 受身とは ころぶ練習 まける練習 人の前にぶざまに恥をさらす稽古 受身が身につけば達人 まけることの尊さがわかるから。

~相田みつを~

(18) 美しいと 思う心が 美しい。

~相田みつを~

(19) あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。そんなあなたに私もなりたい。

~相田みつを~

(20) 自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事。

~相田みつを~

(21) その根っこは見えない その見えないところに大事な点がある。

~相田みつを~

(22) 水にぬれなければ およげませんよ。

~相田みつを~

(23) うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ。

~相田みつを~

(24) わたしは、人間のほんとうの幸せとは 「充実感のある生き方」だと思っています。

~相田みつを~

(25) おまえさんな いま一体何が一番欲しい あれもこれもじゃだめだよ いのちがけでほしいものを ただ一ツに的をしぼって言ってみな。

~相田みつを~

(26) とにかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば 具体的な答が出るから。

~相田みつを~

(27) 背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分。

~相田みつを~

(28) ラクしてカッコよければしあわせか 逆に骨を折ることは不幸か。

~相田みつを~

(29) あとじゃできねんだよなあ いまのことは いましかできぬ。

~相田みつを~

(30) あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための。

~相田みつを~

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる