雅子さまの名言・格言10選|心に響く言葉

雅子さまのプロフィール

雅子さま
・1963年12月9日生まれ(55歳)
・日本の第126代天皇(令和時代)の皇后
・外務省職員であった
小和田恆、優美子夫妻の長女
2019年11月10日(日)、皇室に嫁がれた雅子さまのこれまでがドラマ化された(「陛下と雅子さま 知られざる笑顔の物語」)
Wikipedia

雅子さまの名言・格言 10選

(1) 本当に私でよろしいのでしょうか。
【東宮仮御所】
(平成4年12月12日)

~雅子さま~

(2) 個人の権利を大切にする外国の教育を受けることができて心から感謝しています。

【「CWAJ」レセプションでのお言葉】
(平成7年10月19日) 

~雅子さま~

(3) 何だか何をやっても時間ばっかりかかって…働く前は料理は好きかしらと思ってたんですけども。何んとなく時間ばかりかかってお恥ずかしいものを差し上げているような。
【陛下36歳お誕生日の記者会見】
(平成8年2月22日)

~雅子さま~

(4) ”まさこさまも5歳になられて”とおっしゃったとか。大変若返らせていただいて、ありがとうございます。
【33歳お誕生日の記者会見】
(平成8年12月6日)

~雅子さま~

(5) 「夫婦ゲンカは犬も食わぬ」と申しますけれども、ケンカの種はわりとよく拾って食べてくれるような気がいたします。
【35歳お誕生日の記者会見】
(平成10年12月4日)

~雅子さま~

(6) 皇太子殿下(天皇<令和>)に何でも、何についてもお話できることは本当に幸せなこと。
【36歳のお誕生日記者会見】
(平成11年11月29日)

~雅子さま~

(7) 言葉のとおり、やっぱりその生まれてきて本当にありがとうっていう気持ちですね。やっぱり非常に、なんて言ったらいいんでしょうね。

胸が一杯になるような、そういった体験かしらと思いますけれども。すみません、母親になって涙もろくなって。
【愛子さまのご出産の記者会見】
(平成14年4月2日)

~雅子さま~

(8) もう半世紀も生きてきたのかと思うと不思議な感慨に包まれます。
【50歳お誕生日の文書でのご感想】
(平成25年12月9日)

~雅子さま~

(9) 今回,殿下からは,身に余る賞や「銀メダル」までいただけると仰って下さり,その寛大なお気持ちを大変ありがたく思いますとともに,金婚式に「金メダル」をいただけますかどうかは心許なく感じますが,これからも温かい家庭を築いていくことができますよう,私のできます限り努力していきたいと思っております。
【ご結婚25周年の文書でのご感想】
(平成30年6月9日)

~雅子さま~

(10) 手が冷たいですね。大丈夫ですか。長生きしてくださいね。
【福岡県朝倉市の林田団地】
(平成30年9月26日)

~雅子さま~