ワスレナグサ(勿忘草)の花言葉|花言葉に想いをのせて

目次

ワスレナグサ(勿忘草)の花言葉

「真実の愛」「私を忘れないで」

ワスレナグサ(勿忘草)の花言葉の由来

  • 花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで」も中世ドイツの悲恋伝説(下記参照)に由来します。
  • 若き騎士ルドルフと恋人ベルタが、ドナウ川のほとりを散策していると、岸辺に咲く美しい青い花を見つけます。ルドルフはベルタのためにその花を摘もうとして岸に降りますが、早い川の流れに飲まれてしまいます。ルドルフは最後の力を尽くしてその花を岸に投げ、ベルタに「Vergiss-mein-nicht!(私を忘れないで)」という言葉を残して死んでしまう。残されたベルタは、亡き人の思い出に生涯この花を身につけ、その花は「忘れな草」と呼ばれるようになった。

バラ   ガーベラ

紫陽花(アジサイ)   チューリップ

   カーネーション

アネモネ   ダリア

かすみ草   百合(ユリ)

胡蝶蘭(コチョウラン)   ラナンキュラス

ラベンダー   カサブランカ

牡丹(ボタン)   

スイートピー   ビオラ

月下美人   サクラソウ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる