藍染惣右介の名言・格言20選|心に響く言葉

藍染惣右介のプロフィール

藍染惣右介(あいぜん そうすけ)
・久保帯人作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『BLEACH』に登場する架空の人物で死神。
・柔和な風貌をしており、常に笑みを絶やさない穏やかな性格から隊外問わず皆に慕われていた。
・本性は残虐な性格を秘めた野心家である。
・後述する斬魄刀『鏡花水月』の力に加え、白哉との激戦で消耗していたとはいえ一護の『天鎖斬月』を指一本で受け止め速度でも圧倒し、副隊長級の死神はおろか同じ隊長格の死神(狛村や日番谷など)や上級十刃(ハリベル)を、詠唱破棄した鬼道や斬魄刀の一振りで容易く倒すなど、他の隊長格の死神達を超越した戦闘能力を有し、その実力たるや計り知れない。
Wikipedia

藍染惣右介の名言・格言 20選

(1) 勝者とは常に世界がどういうものかでは無く、どう在るべきかについて語らなければならない!

~藍染惣右介~

(2) 騙したつもりはないさ。ただ君達が誰一人理解していなかっただけだ。僕の本当の姿をね。

~藍染惣右介~

(3) 最初から誰も天に立ってなどいない。君も僕も神すらも。だがその耐え難い天の座の空白も終わる。これからは私が天に立つ。

~藍染惣右介~

(4) 君の知る藍染惣右介など最初から何処にも居はしない。

~藍染惣右介~

(5) 一体いつから……鏡花水月を使っていないと錯覚していた?

~藍染惣右介~

(6) やはり許せないか崩玉よ。私が人間如きに後れを取るのは。

~藍染惣右介~

(7) さあ、行こうか。理(ことわり)の涯(はて)へ。

~藍染惣右介~

(8) 生き物というのは不思議でね。その矮小な心で願う程度の事は、実現できるようにできている。

~藍染惣右介~

(9) 人は皆、猿のまがいもの。神は皆、人のまがいもの。

~藍染惣右介~

(10) 成程。君達如きがこの私に”判決”か。些か滑稽に映るな。

~藍染惣右介~

(11) 全ての生物は、自分より優れた何者かを信じ、盲従しなければ生きていけないのだ。そうして信じられた者は、更に上に信じるべき強者を求める。そうして、全ての王は生まれ、そうして、全ての神は生まれる。

~藍染惣右介~

(12) 目に見える裏切りなど知れている。本当に恐ろしいのは、目に見えぬ裏切りですよ。

~藍染惣右介~

(13) あまり強い言葉を吐くな、弱く見えるぞ。

~藍染惣右介~

(14) この世界に存在する全てのものは、自らに都合の良い”事実”だけを”真実”と誤認して生きる。そうするより他に生きる術を持たないからだ。

~藍染惣右介~

(15) 世界の大半を占める力無き者にとって、自らを肯定するに不都合な”事実”ことが悉く真実なのだ。

~藍染惣右介~

(16) 今の君は憎しみなどなく、ただ責任感のみで刃を振るっている。そんなものは私には届かない。憎しみ無き戦意は翼無き鷲だ。そんなもので、何も護れはしない。無力な仲間の存在はただ脚をへし折る為の重りにしか、なりはしないのだ。

~藍染惣右介~

(17) 進化には恐怖が必要だ。今のままではすぐにでも滅び消え失せてしまうという恐怖が。

~藍染惣右介~

(18) 憧れは理解から最も遠い感情だよ。

~藍染惣右介~

(19) 才能も無く、努力もせず、そのくせ与えられるものに不平を言って、努力する人間の足しか引っ張れないような奴は、目を瞑ってどっか隅っこに挟まって、口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろ。

~藍染惣右介~

(20) 理とは理に縋らねば、生きていけぬ者の為にあるのだ。

~藍染惣右介~