ちはやふるの名言・格言30選|心に響く言葉

ちはやふるのプロフィール

ちはやふる
・末次由紀による日本の少女漫画。
・競技かるたを題材としている。
・アニメ化や実写映画化された他、現実社会の競技かるた浸透にも影響を及ぼした。
Wikipedia

ちはやふるの名言・格言 30選

(1) 青春ぜんぶ懸けたって強くなれない?懸けてから言いなさい。

~原田秀雄~

(2) 泣くな。おれはまだ泣いていいほど懸けてない。“悔しい”だけでいい。

~真島太一~

(3) あの日悔しくて良かったって、いつか笑って言いたい。

~綾瀬千早~

(4) 先生 おれはA級になるより…逃げないやつになりたい…

~真島太一~

(5) やりたいことを思いっきりやるためにはやりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ。

~駒野勉~

(6) きついな。一生懸命って…言い訳がきかねえよ。

~真島太一~

(7) 本当に勝負を分けるのは、得意が霞むほど苦手をなくすこと。

~須藤暁人~

(8) 運命戦?ふざけんな。運命なんかに任せねえ。

~真島太一~

(9) かるたの才能なんかおれだって持ってねぇ!きついけどやってんだ 負けるけどやってんだ だって勝てたときどんだけうれしいか…っ。

~真島太一~

(10) 全部尽くさず負けるのなんてまっぴらよ。

~猪熊遥~

(11) 恥ずかしくてもたいしたことない自分でも逃げたらあかん。

~綿谷新~

(12) どんなに悔しくても礼は大事にしなさい。

~原田秀雄~

(13) 負けと向かい合うのは大人になっても難しい。でも…あの子たち 誰も慰め合わない。

~宮内妙子~

(14) ダメなんだよ。自分が前に出なくていいと思ったら、気持ちが矢面に立たなくなった瞬間から力の現状維持さえ難しくなるんだ。

~西田優征~

(15) 自分のことでないと夢にしたらあかん。

~綿谷新~

(16) おれにもできるかな 負けながら泣きながら前に進むことが。

~真島太一~

(17) 本当に高いプライドは人を地道にさせる。

~持田太~

(18) 正々堂々とやって負けてかっこ悪いことあるかー!!て、あたしは思う。

~綾瀬千早~

(19) 「たいていのチャンスのドアにはノブが無い」と…自分からは開けられない。だれかが開けてくれたときに迷わず飛びこんでいけるかどうか。そこで力を出せるかどうか。

~深作時次~

(20) 一生懸命は楽しいぞ。

~坪口広史~

(21) あたしたちにはかるたがあるからまた会えるんじゃないの?続けてたらまた会える。絶対会えるよ。

~綾瀬千早~

(22) 仲間にするなら畳の上で努力し続けられるやつがいい。

~真島太一~

(23) 懸けてきたからこそ怖いんだ。なにも残らなかったら?悔しさしか残らなかったら―――。

~真島太一~

(24) 今やるべき事から目をそらすのは、逃げではないのか。

~駒野勉~

(25) 世の中には結果より努力が大事って考え方もあるが指導者にも生徒にもそれは本当は苦しいんだ。「がんばった」も「きつかった」も風のように流れていってしまう。「結果」は石なんだ。「がんばった」を留めておいてくれる石。

~原田秀雄~

(26)「勝てなくてもいいんだけど」そんなワケあるか。

~真島太一~

(27) なんやろう。なんでおれ負けた?なんで、なんで千早と戦ってんのがおれやない?。

~綿谷新~

(28) これは上の句が「ちはや」で取れる札やから、もう「ちはや」に見える。おれの目はそうなってるんや。

~綿谷新~

(29) 活路があるとすれば自分を壊すくらい迷いなく攻めること。

~綿谷新~

(30) 私だって手なんか抜かない。全力でやる。

~綾瀬千早~