アルミン・アルレルトの名言10選|心に響く言葉

目次

アルミン・アルレルトのプロフィール

アルミン・アルレルト
・諫山創の漫画作品『進撃の巨人』の架空の登場人物。
・エレンとミカサの幼馴染。
・特にエレンとはミカサと知り合う以前からの親友。
・体格は小柄で身体能力も低いが明晰な頭脳と豊富な知識で座学はトップの成績を修めた。
Wikipedia

アルミン・アルレルトの名言 10選

(1) 僕が勝手に思い込んでいただけだ。勝手に…自分は無力で、足手まといだと。

~アルミン・アルレルト~

(2) 何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ。

~アルミン・アルレルト~

(3) 僕の友達は…この世界で強くあろうとした。弱い僕を…助けてくれた!それが、耐えられなかった!二人にとって僕は守られる存在なんだ…僕も二人のように強く…二人と肩を並べて、この世界を生きていきたかった!!

~アルミン・アルレルト~

(4) 良い人か…それは…その言い方は僕はあまり好きじゃないんだ。だってそれって、自分にとって都合のいい人のことをそう呼んでるだけのような気がするから。

~アルミン・アルレルト~

(5) 私はとうに人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士!!その信念に従った末に命が果てるのなら本望!!彼の持つ「巨人の力」と残存する兵力が組み合わされば!!この街の奪環も不可能ではありません!!人類の栄光を願い!!これから死に行くせめてもの間に!!彼の戦術的価値を口説きます!!

~アルミン・アルレルト~

(6) 強いものが、弱い者を喰らう。親切なくらいわかりやすい世界。

~アルミン・アルレルト~

(7) 確かに、この壁の中は未来永劫安全と信じ切って居る人はどうかと思うよ。100年壁が壊されなかったといって今日壊されない保証なんてどこにも無いのに…。

~アルミン・アルレルト~

(8) その日人類は思い出した。奴らに支配されていた恐怖を。鳥籠の中に囚われていた屈辱を。

~アルミン・アルレルト~

(9) 何も捨てることができない者には、何も変えることは出来ないだろう。

~アルミン・アルレルト~

(10) 地獄だ…いや、地獄になったんじゃない。ここは元々地獄だ…。

~アルミン・アルレルト~

目次
閉じる