浅倉南の名言20選|心に響く言葉

目次

浅倉南のプロフィール

浅倉南(あさくら みなみ)
・野球漫画『タッチ』に登場する架空の人物でヒロイン。
・上杉達也・和也兄弟の幼馴染。
・原作中盤より女子新体操の選手としても描かれている。
・連載及びアニメが放送された1980年代当時は山崎浩子が活躍していたが、「浅倉南を見て新体操を始めた(志した)」という選手も少なからずいる。
Wikipedia

浅倉南の名言 20選

(1) 南のファースト・キスなんだぞ。ありがたく思え。

~浅倉南~

(2) 南のよびだしベルがタッちゃんに通じているんだ。きっと…。

~浅倉南~

(3) いつもそうだったもの。南がくじけそうなとき、タイミングよく現れて、南のエネルギーになってくれた。

~浅倉南~

(4) タッちゃんだからいつもの南でいられるのです。

~浅倉南~

(5) 甲子園につれてって。

~浅倉南~

(6) 情けね。

~浅倉南~

(7) なんでわたし、ここにいるんだろ。

~浅倉南~

(8) ミナミは小さな巨人です。

~浅倉南~

(9) 写真は写真――南は南!

~浅倉南~

(10) めざせカッちゃん甲子園!

~浅倉南~

(11) 約束して、かならず勝つって。

~浅倉南~

(12) べつに…わざわざタッちゃんをまってたわけじゃないからね。図書館に用があって、帰りについでによっただけなんだから…。

~浅倉南~

(13) わざわざボクシング部おわるのまっててやったんだぞ。

~浅倉南~

(14) ほんとかなァ。

~浅倉南~

(15) あれ。いったことなかったっけ?

~浅倉南~

(16) だってタッちゃん、期待されるの好きじゃなかったでしょ。

~浅倉南~

(17) 緊張なんかとはちがうのよ。

~浅倉南~

(18) あれ。あれ。まいったなァ。

~浅倉南~

(19) どれどれ。

~浅倉南~

(20) ほんとだ。

~浅倉南~

目次
閉じる