バクマンの名言・格言20選|心に響く言葉

バクマンの情報

バクマン
・原作・大場つぐみ、作画・小畑健による日本の漫画作品。
・高い画力を持った真城最高と文才と発想に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のり・その活動を描く。
・本作では多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されている。
・作中で主人公達が漫画を持ち込む雑誌は連載誌である「集英社の『週刊少年ジャンプ』」であり、『WJ』掲載作品は『ONE PIECE』『ドラゴンボール』等と多くの作品が登場している。
Wikipedia

バクマンの名言・格言 20選

(1) その夢が叶ったら結婚してください。

~真城最高~

(2) 私はマンガ家、亜城木夢叶、作画担当の真城最高さんと交際しています。真城最高さんを愛しています。まだ私が声優デビューする前、彼がマンガ家としてデビューする前、中学3年の時です。約束をしました。いつか彼が描くマンガがアニメになり、そのヒロイン役を私がやる。その夢が叶ったら結婚する。それが彼と私がずっと持ち続けてきた夢です。

~亜豆美保~

(3) 夢を追って敗れて後悔するなら納得できる。夢を追わなかったことに後悔したくない。

~高木秋人~

(4) 真城のマンガ家ってミホとだけの夢?もう高木やあたしの夢でもあるじゃん。あたしも手伝わせてくれたっていいじゃん。

~三吉香耶~

(5) もし僕がジャンプで一番人気の作家になったら僕が嫌いなマンガをひとつ終わらせる権限をください。

~新妻エイジ~

(6) 俺にはシュージンが必要だって。

~真城最高~

(7) マンガ家って、寿命を削って作品描くものだぜ。

~高木秋人~

(8) マンガ家は必ず、編集の上をいかなければならない。

~服部哲~

(9) 僕は青森から東京に出てくるマンガを描くのは楽しかったけど…いつも一人でした。でも「ジャンプ」で連載するようになって……読んでくれる読者……それに何よりも亜城木先生という最大のライバルや競い合う仲間に出会えました。本気で接してくれるライバル……仲間……幸せです……もう1人じゃないそれがものすごく嬉しいです。いつもありがとうです。

~新妻エイジ~

(10) 俺はマンガも人生も同じだと思っている。あたえられた時間、週刊マンガなら1週間、人生なら死ぬまで。その与えられた時間内でどこまで良いものにできるか。だから手を抜いちゃいけないんだ。より良いものにするため。人生もマンガも同じ。自分ならやれるってうぬぼれや運も必要だけど、1番大切なのは…努力。

~高木秋人~

(11) お、おじさん… 川口たろうは言ってました。連載するまでは「うぬぼれ」、「努力」、「運」。連載を勝ち獲ってからは…「体力」、「精神力」最後は「根性」。

~真城最高~

(12) 私、絶対声優になって、真城くん達のアニメに出る。素敵。

~亜豆美保~

(13) やります。やってみせます。そして必ず連載をもぎ取ります!!

~真城最高~

(14) マンガは面白ければいいんだ。面白いものは連載される。当たり前だ。

~佐々木編集長~

(15) 俺と組んで、漫画家になってくれ。

~高木秋人~

(16) 俺達は幸せだよ。夢を持ってここまでやれてる…ベタな青春を送ってないかもしれないけど、俺達はベタを塗る青春!それでいい。

~真城最高~

(17) 何もしてあげられません 実力の世界ですから。

~新妻エイジ~

(18) 人間、そんな簡単に死ぬわけない。

~真城最高~

(19) これでやらなきゃ男じゃない…男じゃねぇよ!

~真城最高~

(20) 維持やプライドを張り合って切磋琢磨していくのがライバル。

~高木秋人~