ケニー・アッカーマンの名言5選|心に響く言葉

目次

ケニー・アッカーマンのプロフィール

ケニー・アッカーマン
・諫山創の漫画作品『進撃の巨人』の架空の登場人物。
・中央第一憲兵団対人立体機動部隊隊長。
・「切り裂きケニー」の異名を持つ大量殺人鬼。
・血生臭い人生の中で冷酷に培ってきた能力は卓越しており、かつてのリヴァイの師でもある。
Wikipedia

ケニー・アッカーマンの名言 5選

(1) 寿命が尽きるまで息してろって?それが生きていると言えるのか?

~ケニー・アッカーマン~

(2) よぉ、リヴァイ。大きくなったな。

~ケニー・アッカーマン~

(3) 俺が…見てきた奴ら…みんなそうだった…酒だったり…女だったり…神様だったりもする。一族王様…夢…子供…力…みんな何かに酔っ払ってねぇとやってらんなかったんだな…みんな…何かの奴隷だった…あいつでさえも…。

~ケニー・アッカーマン~

(4) 俺…は…人の…親には、なれねぇよ。

~ケニー・アッカーマン~

(5) そうかい…俺は信じるぜ、その物語を…その方が、おもしろい。

~ケニー・アッカーマン~

目次
閉じる