我愛羅の名言・格言15選|心に響く言葉

我愛羅のプロフィール

我愛羅(があら)
・漫画『NARUTO -ナルト-』およびそれを原作にした同名のアニメ(第一部、第二部の疾風伝)に登場する架空の人物。
・砂隠れの里の忍。
・四代目風影・羅砂の次男で、カンクロウとテマリの弟。
・出生時に里の兵器として一尾・守鶴を憑依させられた人柱力。
・第一部と第二部の間には父の跡を継いで五代目風影に就任。
Wikipedia

我愛羅の名言・格言 15選

(1) オレはオレ以外全ての人間を殺すために存在している。

~我愛羅~

(2) 俺を救ってくれた友を、今敵は狙っている。彼が敵に渡れば世界は終わる。俺は友を守りたい。そしてこの世界を守りたい。世界を守るには俺は若すぎる。浅すぎる。だから……皆の力を貸してくれ!

~我愛羅~

(3) 己にとって大切なモノが必ずしも”善”であるとは限らない。

~我愛羅~

(4) オレも風影となった今里を守るために里への脅威を排除するのも…長の役目だ。

~我愛羅~

(5) 戦いとは他者と自分の存在を懸け…殺し合うことだ…勝った者だけが己の存在価値を実感できる。

~我愛羅~

(6) ああ…最初の友だ…

~我愛羅~

(7) 本当に心を痛めるのは……別れではなく想い出だ。

~我愛羅~

(8) 待っているだけでは、もっと大きな苦しみにまた襲われる。努力し自ら切り拓くしかないんだ。

~我愛羅~

(9) 血は出ないけど…ここんとこがすごく痛いんだ。

~我愛羅~

(10) サスケ、お前はオレと似ている…この世の闇を歩いてきた者…。だからこそ、小さな光明ですら目に届くはずだ。昔も…そして今も…

~我愛羅~

(11) アンタ達はいつ己を捨てた?

~我愛羅~

(12) オレは生まれながらのバケモノだ!!

~我愛羅~

(13) 俺もいつか、誰からも必要とされる存在になりたい。恐るべき兵器としてではなく、砂隠れの風影として。

~我愛羅~

(14) うずまきナルト。いつかおれも、あいつのように…。

~我愛羅~

(15) じゃあオレは…血の雨を降らせてやる。

~我愛羅~