ジャイキリの名言・格言30選|心に響く言葉

ジャイキリの情報

GIANT KILLING(ジャイアント キリング)
・ツジトモによる日本の漫画。原案・取材協力は綱本将也。
・前作『U-31』において、ベテラン選手の苦悩と葛藤、復活を描いた原作者の綱本将也と、漫画家のツジトモにより、大物喰い好きな弱小プロサッカークラブの監督を主人公に描く。
・リーグジャパンフットボール1部所属のプロサッカーチーム・ETUは、かつては日本代表のスター選手・達海猛を擁する人気チームだった。しかし達海がプレミアリーグに移籍すると人気も実力も一気に低迷し2部へ陥落、達海自身もプレミアデビュー戦で再起不能の重傷を負い、そのまま消息を絶ってしまう。
・れから10年、1部リーグへは返り咲いたものの毎年残留争いを繰り広げる弱小クラブに甘んじるETUは、起死回生の策として達海を監督に迎えることを決定。行方を捜してイギリスの地方都市を訪れると、達海は地元のアマチュアクラブの指導者となり、チームをFAカップでベスト32に導く快挙を達成していた。
Wikipedia

ジャイキリの名言・格言 30選

(1) 弱いチームが強い奴らをやっつける。勝負事においてこんな楽しいこと他にあるかよ。

~達海猛~

(2) やる前からひるんでどうすんだ。試合前に有利も不利もねぇ。スコアは常に0-0から!誰に対しても平等だ。

~達海猛~

(3) 見てないようで見てたり…考えてないようで考えてたり。何だかよくわかんねーけど、俺は嫌いじゃないかも。達海監督。

~夏木陽太郎~

(4) フィジカルも弱いどころかテクニックもないんだから…そのうえ身長もないし…頭も悪い…俺にはないもんばっかりだ…プロ選手に必要なもんが俺に…才能なんてもんはない。

~世良恭平~

(5) 下の立場にいる奴らってのは、指示されてるほうが楽なんだよ 。楽も続けば怠慢になる。そういう話だよ。

~達海猛~

(6) 監督は楽しようとすんなって言った…残り25分…攻めなきゃ負ける。やるしかない…失敗を恐れるな自分の…中のジャイアントキリングを起こせ…!

~椿大介~

(7) 目先の1点よりも大事なもんがある。それを示すのが先だ 。その上でコッチが勝つ。勝たなきゃならねえ。ETUのためにもな

~達海猛~

(8) チームのためにサッカーやって来た果たし…て本当にそうだったろうか。キャプテンという立場を…自分の逃げ場にしていなかったか?あいつらが…あんなに意見をぶつけあう姿、見たことが無かった。キャプテンマークを奪われた俺はどうだ…お前らの眼に俺はどう映ってる。

~村越茂幸~

(9) 単純な人間が単純な行動に出るのは不快だけど、単純な人間が半端なことをしようとするのはもっと不快だね。

~ジーノ~

(10) いつも仲良く楽しそうなのもいいですけどね。チームが必死に勝ちにいかなきゃいけないときにそんなんでいいのかって話っスよ。俺はねあんたらと違って本気で勝ちたいんスよ。ぬるい気持ちでやるなら他所でやってくんねえか?

~赤崎遼~

(11) 第一印象って大事だぜ。見慣れてないから欠点だってよく見える。それが相手を負かせる時だってある。

~達海猛~

(12) 選ばれた人間が情けないことぬかしてたら、外れた人間どうなんだよ。お前そこまで考えてんのか?

~赤崎遼~

(13) 味方のゴールが決まったら会社ぐるみで大喜びすんのよ。連敗でもしたらお通夜みたいに全員で暗くなっちゃって。こんな情熱注げて感動できる職場…どこ探しても見つからないわよ。

~~永田有里

(14) そうだった。そうだったじゃねえか。ここは一瞬たりとも気を抜けない真剣勝負の舞台…俺が8ヵ月間求めてたのはそういう世界じゃねえか。

~夏木陽太郎~

(15) 適当に建てた家ってのはオオカミに吹き飛ばされちまうんだぜ。どうせ家建てんならじっくりいい家作んなきゃ。

~達海猛~

(16) 俺に才能なんてもんはない。プロでやれているだけで奇跡だ。けど、監督はこんな俺を使ってくれる…それなら信じてみてもいいかもしれない。俺っていう選手のことを…

~世良恭平~

(17) 勝利を手にする者はそれにふさわしい顔つきをしているものだ。そして今の君達の顔には自信と情熱が満ち合われている。それこそが私の知る勝者の顔だ。

~ダルファー監督~

(18) 今言った事がそっくりそのまま自分にはね返ってきやがる…焦ってんのはチームの状況だけが理由じゃねえからだ。俺がこのままでいいはずがない…そう思ってるからだろ?状況に流されて自分を見失ってんのは…俺自身だ。

~村越茂幸~

(19) いいことじゃんか椿。コンプレックス持ってる奴は強いぜ。

~達海猛~

(20) 俺がシュートを打つことで…仲間を活かせることもあるんだよな…監督の言うFWとしての決心てのが、何なのかはよくわかんねーけど、俺はやっぱりゴールを狙うFWでいたい。というより…それ以外できる自信がありません!

~夏木陽太郎~

(21) お前達は若い。これは年齢の話ではない。精神的な話よ。チャンスと思ったら迷ってはいかん。迷うのは老いた証拠よ。君達はチャレンジャー…若さとはつまり…常に挑戦する精神だわな。

~ネルソン監督~

(22) 日本人の特性なのかね。行列とか人ごみを好むけどさ。僕は理解に苦しむよ。広い所は広く使えばいいんじゃないかな。そのほうがボールだって上手に蹴られるよ。

~ジーノ~

(23) このチームの色…そいつはお前だ村越 前だけ向いてろ。条件は芝の上じゃ絶対服従。俺の考えを完全に理解し選手に徹底させろ。気付いたことはすべて報告。仲間の眼なんか気にするな。その上で選手として足掻き続けろ。ぬかったら容赦しねえ。

~達海猛~

(24) 俺がもしボールを奪われたとしても…後ろにはあいつらがいる。俺に足りなかったのは…チームの仲間をあいつらを信じ切ることだったんじゃないのか。

~村越茂幸~

(25) ボールってのはな世良…しぶとく諦めない奴の前に必ず転がってくるもんなんだ。コレ俺の持論な。

~堺良則~

(26) 沢山の人の思いがあって…俺はここに立ててるのに…それに応えようとしなかったら俺は…俺はボール蹴る資格も何も…無い奴と同じだ!!

~椿大介~

(27) 運ねえ。ま、そうかもね。俺フットボールの神様にデカい貸しがあるし。

~達海猛~

(28) この国の今年のサッカー界、俺が面白くしてやるよ。

~達海猛~

(29) 結局ポジションなんて捉え方次第さ。環境を変えたってその人はその人でしかないようにね。

~ジーノ~

(30) 我々が欲しいのは過程ではなく結果なのだよ。このスコアのまま笛が鳴れば我々の健闘など意味をなさない。

~平泉監督~