ぐらんぶるの名言・格言30選|心に響く言葉

ぐらんぶるの情報

ぐらんぶる
・井上堅二原作・吉岡公威作画による日本の漫画作品。
・海が近くにある大学への進学を機に、おじが経営するダイビングショップ「グランブルー」に居候することになった北原伊織。
・そこで出会ったのはとびきりの美女、そして酒とスキューバダイビングと裸を愛する屈強な男たちだった。
・そして、元が馬鹿で無神経かつ鈍感な性格の伊織は彼らとの暴走にのめり込んでいく。
Wikipedia

ぐらんぶるの名言・格言 30選

(1) 尊敬される先輩が寛容なのも、当然だと思わない?

~浜岡梓~

(2) ダメだよ~。頼み事をするのにそんなんじゃ~。頼み事をする理由も言わないとね。

~浜岡梓~

(3) えっえっと…ごめんね…私…その…お友達に電話してこないと…

~古手川奈々華~

(4) なんて半分冗談だよ。それでギクシャクしたらつまらないしね。そ、半分。本気でしたいって言うならいいけど?

~浜岡梓~

(5) 変なこと言うやつだな~。この後飲みに行くなら、二度手間だろ。

~寿竜次郎~

(6) 待て。その返答は言葉を選べ。

~今村耕平~

(7) 話が頭に入らないんで、下を穿いてもらえませんか。

~北原伊織~

(8)「誰かを助けるのに理由が要るのか?」「それそっちが言う台詞じゃないから。」

~北原伊織&古手川千紗~

(9) これもう捨てないとダメみたい。

~古手川千紗~

(10)「今日は服を着ているんだね。偉い偉い。」「大変、不本意な褒められ方です。」

~古手川奈々華&北原伊織~

(11) くそっ…!どうしてだよ…っ!どうして、俺を中心とした女子高生美少女ハーレムサークルがないんだよ…!

~今村耕平~

(12) 心配ない耕平…一回だ。一回だけのチャンスに俺は全てを掛ける。

~北原伊織~

(13) それならもっと可愛いのを寄越しなさいってのよ。バカ。

~古手川千紗~

(14)「ま、妹って感じだな。」「なるほど…つまり手を出す気満々だ、と。」

~北原伊織&今村耕平~

(15) 話はもういい。そのかわり…着ている物を脱いでくれ。

~北原伊織~

(16) 人が本気でやってる事を邪魔すんじゃねぇよ。あいつはあれでいいんだよ。

~北原伊織~

(17) 分かってるじゃない。完成しちゃった関係だとなかなか動き出せなくなっちゃうからさ。

~浜岡梓~

(18) それは良くないな後輩。やった事もないのに、全裸で公道を走るのは良くないなどと…

~時田信治~

(19) ここならアレが、もっと近くで見られるかもしれないからな。やれることは全部やっておきたいんだ。

~北原伊織~

(20) まあそうだけど……伊織の奢りなら。

~古手川千紗~

(21)「可憐で優しい清楚なお姉さま」で通してるんだから!どうしよう…記憶失うくらい殴ればいいのかな…

~毒島~

(22) 俺は服を脱ぐつもりはなかったんだ。ただ自然と脱げていた。オレの言ってる事わかるよな?

~寿竜次郎~

(23)「大体どうして服を脱ぐのよ。」「裏表のない誠意を表明するため!!」

~古手川千紗&北原伊織~

(24) 逆転の発想だ。こちらを覚ますのではなく、向こうを酔わせれば良い。

~北原伊織&今村耕平~

(25) 誰もあんたを見てブスとは思わんだろ。だから顔がブスだなんて言う奴には言ってやればいい。ブスなのは心の方だと。

~北原伊織~

(26)「いったい何がお前をそこまで突き動かしてるんだ。」「恥ずかしながら性欲です。」「本当に恥ずかしいな。」

~時田信治&北原伊織~

(27)「上手く説明できないんですが、有り体に言うと…俺の命にかかわるんです。」「く、来るのはお友達じゃないの…?」

~北原伊織&古手川奈々華~

(28) ん~、ちょっとわからないかな~。そうじゃなくて、自分が何をするかわからないかな。

~古手川奈々華~

(29)「違う。俺はただ…お前の脱いだ服が欲しかっただけなんだ!!」「もっと高度な変態なんだけど!!?」

~北原伊織&古手川千紗~

(30) それに…見た目に関係なく優しい人こそが、運命の相手だと思わない?

~吉原愛菜~