花の慶次の名言・格言30選|心に響く言葉

花の慶次の情報

花の慶次(はなのけいじ)
・原哲夫氏による日本の漫画。
・隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作としてる。
・戦国の世を、当代きっての傾奇者として生きた漢・前田慶次の奔放な生きざまを描いた作品である。
Wikipedia

花の慶次の名言・格言 30選

(1) 疑って安全を保つより、信じて裏切られた方が良い。

~前田慶次~

(2) だがそれでいい。惚れた者のために死するも武士にござる。

~奥村助右衛門~

(3) ふ…虎や狼が日々鍛錬などするかね。

~前田慶次~

(4) わが首ひとつで一国一城の主なれたものを。慶次…意地を通すのは不便なものよな。

~佐々成政~

(5) いいかキサマら! 人間には触れちゃならん傷みがあるんだ!! 其処に触れたら後はもう生命のやり取りしか残らんのだ!!

~真田幸村~

(6) その傷がいい!! これこそ生涯をかけ殿を守り通した忠義の甲冑ではござらんか!!

~前田慶次~

(7) 母上!! こ…これが…!! これが母親が息子に食わせる初めての料理かぁ~っ!?

~伊達政宗~

(8) 慶次はいい家臣をえたのう。

~前田利久~

(9) 生に涯あれど名に涯はなし!! この一戦こそわれらいくさ人のひのき舞台だぞ!!

~奥村助右衛門~

(10) これより我ら修羅に入る!! 仏と会えば仏を斬り!! 鬼と会えば鬼を斬る!! 情を捨てよ!!ただ一駆けに敵城に攻め入れ!!

~前田慶次~

(11) 友とはかくありたいものだな。運が昇れば人は友達面して寄ってくるものよ。されど本当の友とは日頃疎遠でも難儀の時にこそひょっこり現れ救いの手を差しのべるものよ。

~徳川家康~

(12) 人は日に米は三合畳は一畳あれば十分 そんなことより一献くれまいか?

~前田慶次~

(13) 親とは木の上に立って見ると書く! 木から下りてノコノコ子の喧嘩に行く親がどこにある!!

~千利休~

(14) 月がなければおれなど とうに闇夜に迷い果てておった……

~前田慶次~

(15) 笑い声ほど人を惹きつけるものはない……

~片倉小十郎~

(16) すべての終りはすべての始まりでしかない。

~織田信長~

(17) 戦ってやつは 負け戦こそおもしろいのよ!!

~前田慶次~

(18) 馬も人もあるか!! 惚れちまったら負けなんだよ!!

~真田幸村~

(19) 傾くなら傾き通せ。

~奥村助右衛門~

(20) 運があれば毒を盛られても生きのびる。見放されれば瓦が落ちてきても人は死ぬ。これは遊びですよ。遊びは危険な程楽しくはござらんか?

~前田慶次~

(21) 強いということにはそれなりの理由があるものだ。

~猿飛佐助~

(22) 殺すもまた情けと知れ! 死すべき時死ねぬは辛き事よ。

~前田慶次~

(23) いつまで奴隷根性なんだ! おまえは人なんだぞ!!

~真田幸村~

(24) いつでも逃げれば生きられるというもんじゃない。突き進んだほうが生きのびられる場合もある。それをまちがいなく選べるのがいくさ人というものだ!

~前田慶次~

(25) 武士の正義を知る者は死に顔すら美しい。

~上杉謙信~

(26) 私は噂など信じないわ。信じられるのは自分の目と耳で確かめたことだけですわ。

~奥村加奈~

(27) おふう、女の子は笑った方がよいぞ。

~前田慶次~

(28) 旦那の悪い癖だ……旦那にとっちゃ生命を狙われるってのは いい退屈しのぎなのさ……

~捨丸~

(29) 秀吉は自分のための天下をみている。しかし お前は自分の天下を見ることができない。おまえは ただその秀吉がねたましいだけだ。

~前田慶次~

(30) 主人が動かぬというなら、わたくしども女が出陣いたします。ゆえ、この家でも守っていて下され!

~前田まつ~