ハリーポッターの名言・格言20選|心に響く言葉

ハリーポッターの情報

ハリーポッター
・イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。
・1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語。
Wikipedia

ハリーポッターの名言・格言 20選

(1) 一生懸命に取り組むのは大切だがそれよりも重要なことがある。自分を信じることだ。

~ハリーポッター~

(2) くよくよ心配しても始まらん。

~ハグリット~

(3) どう生まれたかは重要ではない。どう育ったかが重要なのだ。

~ダンブルドア校長

(4) 最後に笑うのは誰かな。

~マルフォイ~

(5) 偉大な魔法使いたちはみんな、今のわたしたち以上に何もないところから始まった。彼らにできてなぜ自分たちにできないというのか?

~シリウス・ブラック~

(6) 暗闇の中にいても幸せは見つけることができる。光を灯すことを忘れなければ。

~ダンブルドア校長~

(7) 彼の目はカエルのピクルスくらい緑色。彼の髪は黒板のように黒い。あー、彼がワタシのものだったら。彼は本当に素敵。闇の帝王を倒すヒーローなんだもの。

~ジニー~

(8) 誰もが光と影を持っている。大事なのは何を選択するのか。それが自分というものを決定づけるのだ。

~シリウス・ブラック~

(9) 敵に立ち向かうのはとても勇気のいることだが、友に立ち向かうのも同じくらい勇気のいることだ。

~ダンブルドア校長~

(10) 私は私であることを恥じない。父はよく言っていた。「お前を邪魔する奴は現れるだろうが、そいつらに煩わされる必要はない」と。

~ハグリット~

(11) 失敗すりゃオレたち永久にメガネをかけたやせっぽっちの冴えない男のままだぜ。

~フレッド~

(12) ハーマイオニー、君はれっきとした女の子だ!

~ロン~

(13) 復讐は蜜よりも甘い。

~シリウス~

(14) 今、あなたが幸せだといいな。

~ルーナ~

(15) ハリー、我々が何者なのか、それを表すものは能力ではない、我々がした選択なのじゃ。

~ダンブルドア校長~

(16) どんな人物か知るためにはそいつが同等ではなく、劣っている相手にどんな対応をするのかよく見るのだ。

~シリウス・ブラック~

(17) 何に生まれたのかは重要じゃない、どう成長するかなのじゃ。

~ダンブルドア校長~

(18) 私は私であることを恥じない、恥じたこともない。父がよく言っていた。”お前を邪魔する奴が現れるだろう。しかし、そいつらに煩わされる必要はない。とね。

~ハグリット~

(19) もちろんそれは君の頭の中で起きていることじゃ。ハリー、しかし、どうしてそれが現実ではないと言い切れるのじゃ。

~ダンブルドア校長~

(20) 結局、失くしたものは自分の元へと戻ってくる、全く予想もしなかった方法かもしれないけど。

~ルーナ・ラブグッド~