魔女の宅急便の名言・格言30選|心に響く言葉

魔女の宅急便の情報

魔女の宅急便(まじょのたっきゅうびん)
・角野栄子による児童書(児童文学)である。
・宮崎駿監督によって1989年に同名でアニメ映画化された。
・また2014年、清水崇監督により実写映画化された。
・シリーズ1作目『魔女の宅急便』は、主人公のキキが親元を離れ、知らない町で魔女として一人立ちする姿を描く。
Wikipedia

魔女の宅急便の名言・格言 30選

(1) 仕事の方も軌道にのって少し自信がついたみたい。落ち込むこともあるけれど、私この町が好きです…。

~キキ~

(2) ちがうよ、旅立ちはもっと慎重におごそかに行う べきだと思うんだよ。

~ジジ~

(3) 才能をいかした仕事だろ、ステキだよ。

~トンボ~

(4) 大きな町だから、いろんな人がいるさ。でも、私はあんたが気に入ったよ。

~おソノ~

(5) あ~あ、魔女も落ちぶれたものだよ。昔、カラスは魔女の召使いだったのに。

~ジジ~

(6) 助けてくれて、ありがとう。でも、助けてって言った覚えはないわ。

~キキ~

(7) 魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神さまか誰かがくれた力なんだよね。

~ウルスラ~

(8) どうなることやら心配だね。決めたらすぐの人だから。

~ジジ~

(9) いつも笑顔を忘れずにね。

~コキリ~

(10) さすがは魔女だな! 僕のおばあちゃんみたいだ!

~トンボ~

(11) 仕事だもん。楽しいばかりじゃないわ。

~キキ~

(12) ぼくはまた、天使にお届け物をするのかと思ったよ。

~ジジ~

(13) ねえ、高い高いして。小さいときみたいに。

~キキ~

(14) ぼくもお母さんのホウキがいいと思う。

~ジジ~

(15) 描くのをやめる。散歩をしたり、景色をみたり、昼寝をしたり、何もしない。そのうち急に描きたくなるんだよ。

~ウルスラ~

(16) 私、前は何も考えなくても飛べたの。でも、今は分からなくなっちゃった。

~キキ~

(17) いつの間にこんなに大きくなって… 帰って来てもいいんだよ。

~オキノ~

(18) あっ… ちぇっ、ちぇっ、気取ってやーんの。

~ジジ~

(19) 僕も魔女の家に産まれればよかった。

~トンボ~

(20) あの猫見た? ヤな感じ。

~ジジ~

(21) 私、修行中の身なんです。魔法がなくなったら、何の取り柄もなくなっちゃう。

~キキ~

(22) 黒はおんなを 美しく見せるんだから。

~おソノ~

(23) なんだ、ただの水たまりじゃないか。

~ジジ~

(24) あんたの顔いいよ。この前よりずっといい顔してる。

~ウルスラ~

(25) 笑顔よ! 第一印象を大事にしなきゃ。

~キキ~

(26) ぼく、あしたになると白猫になってると思うよ。

~ジジ~

(27) そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる。

~ウルスラ~

(28) そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ。

~コキリ~

(29) 私、もうちょっとこの町にいるわ。おソノさんのように私の事、気に入ってくれる人が他にもいるかもしれないもの。

~キキ~

(30) きっと、きっとその子もおばさまのお誕生日を知りたがるわ。プレゼントを考える楽しみができるから。

~キキ~