寄生獣の名言・格言20選|心に響く言葉

寄生獣の情報

寄生獣(きせいじゅう)
・岩明均による日本の漫画。
・「モーニングオープン増刊」(講談社)にて1988年から1989年まで全3話の中編作品として連載された後、続きの第4話以降が「月刊アフタヌーン」(講談社)に1990年から1995年にかけて連載された。
・謎の寄生生物ミギーと共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描く。
Wikipedia

寄生獣の名言・格言 20選

(1) 私の一番古い記憶は「脳を奪えなくて残念」という気持ちだ……

~ミギー~

(2) なんだ…… ほとんど可能性ゼロに近いじゃないか!……でもやらなけりゃ…… 確実なゼロだ!!

~泉新一~

(3) 人間には命令が来てないのか?

~田宮良子~

(4) きみ…… 泉新一君…… だよね?

~村野里美~

(5) 受験勉強? あれは一種の暗号だろ?わたしがほしいのは生きる上で役立つ知識だ。

~ミギー~

(6) 環境保護も動物愛護もすべては人間を目安とした歪な物ばかりだ。なぜそれを認めようとせん!

~広川剛志~

(7)わたしが人間の脳を奪ったとき、1つの「命令」がきたぞ…… “この「種」を食い殺せ”だ!

~田宮良子~

(8) 人間に寄生し生物全体のバランスを保つ役割を担う我々から比べれば、人間どもこそ地球を蝕む寄生虫!! いや…… 寄生獣か!!

~広川剛志~

(9) シンイチ……「悪魔」というのを本で調べたが…… 一番それに近い生物は、やはり人間だと思うぞ。人間はあらゆる種類の生物を殺し食っているが私の「仲間」達が食うのは ほんの1~2種類だ。質素なものさ。

~ミギー~

(10) あいつらはせまい意味じゃ「敵」だったけど、広い意味では「仲間」なんだよなァ。みんな地球(ここ)で生まれてきたんだろう? そして何かに寄りそい生きた……

~泉新一~

(11) 彼はわたしが実験により創りあげたか弱い「仲間」の1人ではあるが…… 無敵だ。

~田宮良子~

(12) そりゃ人間がそれだけヒマな動物だからさ。だがな。それこそ人間の最大の取り柄なんだ。心に余裕(ヒマ)がある生物。なんとすばらしい!!

~ミギー~

(13) ……この前人間のまねをして……鏡の前で大声で笑ってみた。なかなか気分が良かったぞ。

~田宮良子~

(14) 戦は兵力よりも勝機だよシンイチ。

~ミギー~

(15) 意識が薄れていく…… 妙に眠い…… それなのに孤独感だけがくっきりと大きく…… これが…… 死か……

~ミギー~

(16) だからなあ…… いつまでもメソメソしてるんじゃない。疲れるから自分で持ちな。

~ミギー~

(17) 全ての終わりが告げられても……「ああ、そうか」と思うだけだ。

~田宮良子~

(18) 少し落ち着け。もっと平和主義になれ。

~ミギー~

(19) ずうっと考えていた…… 私は何のためにこの世に生まれてきたのかと…… 一つの疑問が解けるとまた次の…… 疑問がわいてくる…… 始まりを求め…… 終わりを求め…… 考えながら、ただ、ずっと、歩いていた。何処まで行っても同じかもしれないし…… 歩くのを辞めてみるならそれもいい……

~田宮良子~

(20) いちばんはじめに、きみに出会って…… きみの…… 脳を奪わなくてよかったよ……

~ミギー~