恋は雨上がりのようにの名言15選|心に響く言葉

目次

恋は雨上がりのようにの情報

恋は雨上がりのように(こいはあめあがりのように)
・眉月じゅんによる日本の漫画。
・とある海辺の街を舞台に、遥か年上の男性に想いを寄せる女子高生の恋模様を叙情的に描いた恋愛漫画である。
・感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。彼女はアルバイト先のファミレス『cafeレストラン ガーデン』の店長である45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。
・自他共に認める“冴えない男”の近藤だが、あきらはそんな彼の魅力を「自分だけのもの」として、胸に秘めた恋心を募らせていた。そんなある日、アルバイト中に起こったとある出来事をきっかけに、あきらの秘めたる恋心は大きく動き出していく。
Wikipedia

恋は雨上がりのようにの名言 15選

(1) あなたの魅力はあたしだけのもの。

~西田ユイ~

(2) 出逢ったのは雨の日…店長はいつも、雨の日に私を助けてくれるんですね。

~橘あきら~

(3) あなたのことが好きです。

~橘あきら~

(4) あたしたちはいつでも、あきらのこと待ってるから。

~喜屋武はるか~

(5) 何より俺が傷つきたくない。

~近藤正巳~

(6) 俺は、橘さんのことが好きなんだ。

~近藤正巳~

(7) それはきっと橘さんに必要な本だよ。

~喜屋武はるか~

(8) そういうものって、誰にでもあると思うから。

~橘あきら~

(9) 何かが変わりになっちゃうなら、それは本当に好きって言えないよね。

~橘あきら~

(10) あの部屋だって、未練じゃなくて執着なんだ。

~九条ちひろ~

(11) この感情に、名前を付けるのはあまりに軽薄だ。

~近藤正巳~

(12) あきらは真っすぐ光を見据えて進む。それは簡単なようで、実は難しい。

~加瀬亮介~

(13) 今、その友達の心が離れてしまっているとしても、一緒に過ごしたかけがいのない時間はどんなに時がたっても、決して消えてなくなったりしないよ。橘さんにとっても、その友達にとってもね。

~近藤正巳~

(14) 誰かになろうなんて思わないで。

~ユイの姉~

(15) 本当は入れたいんですか?新しいデータを。

~橘あきら~

目次
閉じる