クズの本懐の名言・格言30選|心に響く言葉

クズの本懐の情報

クズの本懐(クズのほんかい)
・横槍メンゴ氏による日本の漫画作品。
・「月間ビッグガンガン」にて2012年から2017年まで連載された。
・一見、理想の高校生カップルに見える2人の男女が、実は他に2人とも好きな人がいることを了承しながら、一緒にいるという奇妙な男女関係を描いている。
・どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんな時でも受け入れることを条件に、付き合っているふりをすることになる。
Wikipedia

クズの本懐の名言・格言 30選

(1) ひとりはいやだな。ひとりって、なんだか空っぽなの。

~安楽岡花火~

(2) あのさ、俺だって本当は大事に大事に閉じ込めてしまっておきたいものだってあるんだ。

~粟屋麦~

(3) 勘違いするんバカ。所有欲の間違い。……どうかな?……本当にそれだけ?……さあね……

~安楽岡花火~

(4) えぇ? なんで? 男の子から向けられる好意ほど気持ちいいものなんてないのに。

~皆川茜~

(5) 人のカラダは、心なんかよりもずっと温かい。

~安楽岡花火~

(6) どんどん自分の中で……自分に都合よく作り変えちゃうから……

~鴎端のり子~

(7) 諦めるとか諦めないとかの問題じゃないじゃん。好きになったらもうその人じゃないとだめで……

~安楽岡花火~

(8) 自分のことは死ぬまで自分だけが知っていたらそれでいいじゃない。

~絵鳩早苗~

(9) だから人のモノに、あんまり無許可でひっつかないでね。

~安楽岡花火~

(10) なら、いっそ、そうだ。あなたに夢中な人たちみんな私のモノにしたい。

~安楽岡花火~

(11) そうなの。私かわいいんです。だから平気なの。好きって言ってもらえなくても、かわいいから生きていけるのよ。

~鴎端のり子~

(12) 漢って残酷……

~粟屋麦~

(13) 報われない恋、切ない恋、片想い……それってそんなに美しいものですか? 私はそうは思わない。

~安楽岡花火~

(14) 興味のない奴からの好意とかマジでダルいし、嫉妬する奴もクソだるい。

~イケメン~

(15) 秘密は心を救うので、浅い楽しみのようなふりをして本当は切実なんだ。

~粟屋麦~

(16) 興味のない人から向けられる好意ほど気持ちの悪いものはないでしょ? ああ……グサッ、ブーメラン。

~安楽岡花火~

(17) 私にはできなかった事。当たり前にできる女。奪っていく。何もかも。大して欲しくもないくせに。

~安楽岡花火~

(18) 欲しがって欲しがって目一杯傷ついてもそれがきっと特別な傷なら強くなれる。

~皆川茜~

(19) 知らなかった……人の好意って、こんなに重かったんだ。

~安楽岡花火~

(20) あ~早くみたいな~。搾取されるあなたの……顔。

~皆川茜~

(21) かわいい私でいたいの。それは「あなた」のためでもあるけど、何よりも「わたし」のためにそうしたいの。

~鴎端のり子~

(22) それはまるで呪いのように……いいの。願掛けみたいなものだから。どうせ覚えてないと思うけど。

~安楽岡花火~

(23) 神さま。どうして、片想いってちっとも心を満たしてくれないの?

~安楽岡花火~

(24) だから今日も、私は私を楽しませてくれるモノに飢えている。

~皆川茜~

(25) お兄ちゃんをとったぁ、あの女と変わらないクズだね。おめでと。

~安楽岡花火~

(26) 寂しさは与えられていたものが奪われた時初めて感じるもの……初めから与えられなかった者は、それすらわからない……

~安楽岡花火~

(27) あまりにもできすぎてる。できすぎてるから運命だと思うことにした。

~鐘井鳴海~

(28) 「独占」、「顕示」、「支配」、「優越」、「承認」……欲望にはきりがない。それらを一身に浴びつ享楽もまた同じ沼の欲。

~安楽岡花火~

(29) でも、人の気を惹けば惹くほどそれが魅力になるとは限らないよ……

~絵鳩早苗~

(30) ……痛い。心が痛い妄想をするのにも慣れました。

~安楽岡花火~