めだかボックスの名言・格言20選|心に響く言葉

めだかボックスの情報

めだかボックス
・原作:西尾維新、作画:暁月あきらによる日本の漫画作品。
・「週刊少年ジャンプ」(集英社)2009年に読み切りとして掲載され、同年から2013年まで連載された。
・あらゆることを完璧にこなす主人公、黒神めだかが学園内で起きた問題を生徒会の仲間達と共に解決してゆく物語。
Wikipedia

めだかボックスの名言・格言 20選

(1) 勝つ者が強いのではない。負けて這い上がる者が強いのだ!

~黒神めだか~

(2) みんなの中にはお前もちゃんと入ってるんだから。みんなを幸せにするためにはまずお前が幸せにならなきゃな。

~人吉善吉~

(3) ところで門番? 困難に対し努力する奴はその時点で負け犬だって? 後輩に間違ったことを教えるな! 困難に対し努力をする奴はその時点で勝ち馬だ!!

~阿久根高貴~

(4) みんなの中にはお前もちゃんと入ってるんだから、みんなを幸せにするためにはまずお前が幸せにならなきゃな。

~人吉善吉~

(5) 世界は平凡か? 未来は退屈か? 現実は適当か? 安心しろ。それでも生きることは劇的だ!

~黒神めだか~

(6) 敵でも友達だからな。全部終わったら焼肉食いに行こーぜ。

~人吉善吉~

(7) やり過ぎなけりゃ正義じゃねえ!

~雲仙冥利~

(8) 付き合いが短いと心配しちゃいけないの? 一回敵だったらもう仲良くしちゃだめ?

~喜界島もがな~

(9) 僕は悪くない。

~球磨川禊~

(10) 軟弱な男に用はないぜ。代わりの女を用意してやるからそいつの尻でも追いかけてろ。

~安心院なじむ~

(11) だけどそれはこんな簡単なことだったんだ。俺はただ全力であればよかった。

~阿久根高貴~

(12) ……あのなー、今更何言ってんだよ。あんたは。殺すつもりがあろうとなかろうと! あんたと俺は命がけで戦ったんだぜ? つまり俺たちはもう友達じゃねーかよ。そんなよそよそしいことを言われたら傷つくぜ!

~人吉善吉~

(13) 自分を正しいと思ったことなど一度もない。もっといい方法はなかったか。ちゃんと他人の役に立てているか。起こりうるすべての可能性を考えたか。誰かの悲しみを見落としていないか。気づかぬうちに易きに流されていないか。人を助けることに慣れてしまってはいないか。

~黒神めだか~

(14) 努力が実を結ぶことを、現実じゃあ奇跡とも都合がいいとも言わねえんだよ。

~黒神くじら~

(15) 自分は味方だよ。信頼すべき己を敵としてしまった時こそ、人は真の敗北者になってしまうのさ。

~安心院なじむ~

(16) いつだって迷っているし、いつだって怖い。私は正しくなんかない。ただ正しくあろうとしているだけだ!

~黒神めだか~

(17) 俺は! お前がどんな酷いことをしても! それをなかったことにしない! 俺は今ここにいるお前を!いない(マイナス)みないには扱わない! だからお前も!自分を駄目(マイナス)みたいに言わないでくれ!

~人吉善吉~

(18) 恥ずかしくなんかないっ! 何より!! 愛だろ!!

~江迎怒江~

(19) 人吉も阿久根さんも! あんた達も! みんなばかだ! すごさとか異常さとかそんなのばっかりで、黒神さんの気持ちを誰もわかってない!!

~喜界島もがな~

(20) 才能に恵まれなくっても頭が悪くても、性格が悪くてもおちこぼれでも、はぐれものでも出来損ないでも、才能あふれる頭と性格のいい
上り調子でつるんでるできた連中に勝ちたい。友達ができないままで友達ができる奴に勝ちたい。努力できないままで努力できる連中に勝ちたい。勝利できないままで勝利できる奴に勝ちたい。不幸なままで幸せな奴に勝ちたい! 嫌われ者でも! 憎まれっ子でも! やられ役でも! 主役を張れるって証明したい!!

~球磨川禊~