ミカサ・アッカーマンの名言20選|心に響く言葉

目次

ミカサ・アッカーマンのプロフィール

ミカサ・アッカーマン
・諫山創の漫画作品『進撃の巨人』の架空の登場人物。
・本作のヒロイン。
・壁内人類ではほぼ絶滅したとされる東洋人の母とアッカーマン家の父を持つハーフ。
・命を救われた恩と新たな家族を得たことからエレンに想いを寄せており、彼を守ることを使命としている。
Wikipedia

ミカサ・アッカーマンの名言 20選

(1)あのチビは調子にのりすぎた…いつか私がしかるべき報いを…。

~ミカサ・アッカーマン~

(2) 死体がどうやって喋るの?

~ミカサ・アッカーマン~

(3) 一瞬でも躊躇すればもうエレンは取り返せない。こいつらは人類の害、それで十分。

~ミカサ・アッカーマン~

(4) 本当に?まだアニと戦うことを…躊躇してるんじゃないの?まさかこの期に及んで…アニが女型の巨人なのは気のせいかもしれないなんて思ってるの?あなたはさっき目の前で何を見たの?あなたの班員を殺したのはあの女でしょ?まだ違うと思うの?

~ミカサ・アッカーマン~

(5) エレンは私と一緒にいないと早死にする。

~ミカサ・アッカーマン~

(6) 人生が続く限り…一度死んだ私を再び生き返らせた恩は忘れない。なにより…もうこれ以上、家族を失いたくない…。

~ミカサ・アッカーマン~

(7) 死んでしまったらもう…あなたのことを思い出すことさえ出来ない。ごめんなさいエレン。私、もう諦めない。何としてでも生きる!!

~ミカサ・アッカーマン~

(8) 私は、強い…だれよりも、強い……私は…あそこの巨人を蹴散らすことができる……。

~ミカサ・アッカーマン~

(9) ただひたすら、困惑した。巨人が巨人を襲うなんて、聞いたことがない…そして…微かに、高揚した…その光景は、人類の怒りが体現されたようにように見えたから。

~ミカサ・アッカーマン~

(10) もういい。これ以上聞いてられない。不毛…もう一度ズタズタに削いでやる。女型の巨人。

~ミカサ・アッカーマン~

(11) 私には…この世界に、帰る場所がある。エレン…あなたがいれば 私は何でもできる。

~ミカサ・アッカーマン~

(12) 生産者として人類を支える選択肢もある。何も命をなげうつことだけが戦うことじゃない。

~ミカサ・アッカーマン~

(13) 絶対に、エレンは生きてる。どこにいたってそのおんな殺して、体中かっさばいて、その汚いところから出してあげるから…ごめんねエレン…もう少しだけ待ってて。

~ミカサ・アッカーマン~

(14) 戦わなければ勝てない…。

~ミカサ・アッカーマン~

(15) 大切なのは、生き延びること。ちゃんと生き残るの…エレンを餓死なんかさせない!

~ミカサ・アッカーマン~

(16) 私と…一緒にいてくれてありがとう。私に…生き方を教えてくれてありがとう。私にマフラーを巻いてくれてありがとう…。

~ミカサ・アッカーマン~

(17) 私の特技は肉を…削ぎ落とすことです。必要に迫られればいつでも披露します。私の特技を体験したい方がいれば…どうぞ一番先に近づいて来てください。

~ミカサ・アッカーマン~

(18) あなたたちは腕が立たないばかりか…臆病で腰抜けだ…とても…残念だ。ここで指をくわえたりしていればいい…くわえて見てろ。

~ミカサ・アッカーマン~

(19) この世界は残酷だ…そして…とても美しい。

~ミカサ・アッカーマン~

(20) どうか死なないで…。

~ミカサ・アッカーマン~

目次
閉じる