ロック・リーの名言・格言10選|心に響く言葉

ロック・リーのプロフィール

ロック・リー
・漫画『NARUTO -ナルト-』およびそれを原作にした同名のアニメ(第一部、第二部の疾風伝)に登場する架空の人物。
・ガイの愛弟子。師匠のガイと同じく太い眉毛に黒髪のおかっぱ頭をしている。
・礼儀正しく勤勉な性格だが、あまりの熱血ぶりに周囲から呆れられることもある。
・忍術・幻術の才能が全く無かったためアカデミーでは「熱血落ちこぼれ」と馬鹿にされていたが、卒業後はガイの徹底的な指導により、八門遁甲の開門を利用した禁術「蓮華」や、酒に酔った状態で繰り出す「酔拳」などの高等体術を会得するほどの忍に成長した。
Wikipedia

ロック・リーの名言・格言 10選

(1) 木の葉の美しき青き野獣…ロック・リーだ!

~ロック・リー~

(2) どうしたんですか?青春は待ってくれませんよ。

~ロック・リー~

(3) 知っていますか?強いやつには天才型と努力型がいます。君の写輪眼はうちはの血を引く天才型なら…ボクはただひたすらに体術だけを極めた努力型です。

~ロック・リー~

(4) 悲しくなんかありません。覚悟を決めた男を前に――哀れみも悲しみも侮辱になります。

~ロック・リー~

(5) こんなところでボクだけ!負けるわけにはいかない!ガイ先生認めて下さい…今こそ…自分の忍道をつらぬき守り通すとき!!

~ロック・リー~

(6) 前に一度いったでしょ。死ぬまでアナタを守るって…

~ロック・リー~

(7) サクラさんはボクは死んでも守りぬきますから!

~ロック・リー~

(8) この技で証明しましょう。努力が天才を上回ることを。

~ロック・リー~

(9) たとえ忍術や体術は使えなくても立派な忍者になれることを証明したいです!

~ロック・リー~

(10) ボクは…ボクは…!昨日より、半日前より、一分前より、もっと上を目指します!!

~ロック・リー~