四月は君の嘘の名言・格言30選|心に響く言葉

四月は君の嘘の情報

四月は君の嘘(しがつはきみのうそ)
・新川直司氏による日本の漫画。
・「月刊少年マガジン」(講談社)にて2011年5月号から2015年3月号まで連載された。
・中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いた作品。
Wikipedia

四月は君の嘘の名言・格言 30選

(1) 知らなかった。音楽がこんなにもカラフルで、匂いがあって、音楽はこんなにも、血が沸るものだったんだ。

~有馬公生~

(2) 音楽に国境や人種や生態は関係ないわ。

~宮園かをり~

(3) でも公生、程々にしとけよ。優しい奴は損するって決まってるんだ。

~渡亮太~

(4) たくさんの人と、音を共有できた時、たくさんの人に、音が届いた時、心を重ねた時… 音楽は言葉を超えるのかもしれない。

~有馬公生~

(5) 悲しくてもボロボロでも、どん底にいても、弾かなきゃダメなの。そうやって私達は、生きてゆく人種なの。

~宮園かをり~

(6) 母さんは僕を許してくれるでしょうか。必死で母さんを忘れようとした僕を。僕はピアノを弾いていいんでしょうか?

~有馬公生~

(7) 割ったガラスの数は強打者の勲章よ。

~澤部椿~

(8) 僕は―――たった1人でいいや。君だけでいいや―――

~有馬公生~

(9) でも、頼られたのはお前だよ。俺のかをりちゃんがピンチの時、「助けて欲しい」って頼られたのは俺じゃなかった。お前だよ。公生。

~渡亮太~

(10) この先は暗い夜道だけかもしれない。それでも信じて進むんだ。星がその道を少しでも照らしてくれるのを――

~宮園かをり~

(11) 悩んで。迷って。苦しんで。たどりついた答えは笑っちゃうくらい。シンプルで。

~有馬公生~

(12) 魅かれるコに好きな人がいるのは当然。恋をしてるからそのコは輝くんだもん。だから人は……理不尽に恋に落ちるんだ。

~渡亮太~

(13) ピアノは嫌いだ。それでもしがみついているのは、きっと僕には何もないから。ピアノを除けば、僕はからっぽで、不細工な余韻しか残らない。

~有馬公生~

(14) 弾ける機会と聴いてくれる人がいるなら、私は全力で弾く。聴いてくれた人が私を……忘れないように、その人の心にずっと住めるように。

~宮園かをり~

(15) 変なの。負けて悔しいのに、落ちこんでるのに、足が痛いのに、目が涙でぐしょぐしょなのに、最悪なのに、どうして星がこんなにキラキラしてるんだろう。

~澤部椿~

(16) 私を見て。顔を上げて私を見て。下ばかり向いてるから、五線譜の檻に閉じ込められちゃうんだ。

~宮園かをり~

(17) 忘れられるはずないよ。だって、僕は君と同じ演奏家なんだ。

~有馬公生~

(18) スーパースターに挫折はつきものさ。逆境でこそそいつが本物かどうかわかる。だってよ、星は夜輝くんだぜ。

~渡亮太~

(19) もう一度聴きたいけど聴きたくない。もう一度会いたいけど会いたくない。こういう感情を何て呼んだかな。こういう気持ちを何て言ったかな。

~有馬公生~

(20) 「次こそは、次こそは」って、手を精一杯伸ばして捕まえたと思ったら、蜃気楼のように遠くにいる。

~相座武士~

(21) ピアノは君のほんの一部。でもあの瞬間確かにピアノは君の全てだった。

~宮園かをり~

(22) あのコの言った通りだ。音楽は自由だ。君は自由なんだ。

~有馬公生~

(23) 音が聴こえなくなってピアノを捨てようとする君。ピアノを拠り所とする君── だからピアノも捨てられず、見たいものから目を背けるように、ホコリや本で覆い隠そうとしている。愛しいけど近づけない。恋しいけど触れられない。

~宮園かをり~

(24) 親への反抗は……自我の確立、自立への兆しよ。

~瀬戸紘子~

(25) なんであんなに楽しそうに、演奏できるんだろう。

~有馬公生~

(26) 若い才能は、ぶつかり合って、互いを研磨する様に、輝き合う。

~落合先生~

(27) 今── 有馬君は、その苦しみを音にしようとしてる。痛みも苦しみも、あがいた自分さえもさらけだして弦に乗せる。そうやって、音に自分が宿る。そうやって、私たちは生きた音を奏でる。

~宮園かをり~

(28) 髪から音楽室の匂い。少し荒い息づかいが聞こえる。涙で濡れた肩口が暖かい。私はそばにいる。このまま時間が止まればいいのに。

~澤部椿~

(29) 楽譜は神じゃないよ。完璧でもない。人間が産み落としたとても感情的なものだ。

~有馬公生~

(30) みんな怖いよ。舞台に上がるのは、失敗するかも全否定されちゃうかもしれない。それでも、歯をくいしばって舞台に上がる。何かに突き動かされて私達は演奏するんだ。

~宮園かをり~