千と千尋の神隠しの名言・格言30選|心に響く言葉

千と千尋の神隠しの情報

千と千尋の神隠し(せんとちひろのかみかくし)
・スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。
・日本歴代興行収入第1位。
・千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。
・制作のきっかけは、宮崎駿の個人的な友人である10歳の少女を喜ばせたいというものだった。
Wikipedia

千と千尋の神隠しの名言・格言 30選

(1) ここで働かせてください!

~千/荻野千尋~

(2) さあ行きな、振り向かないで。

~ハク~

(3) 贅沢な名だねぇ。今からおまえの名前は千だ。

~湯婆婆~

(4) 私がほしいものは、あなたにはぜったい出せない。

~千/荻野千尋~

(5) 手ぇ出すならしまいまでやれ!

~釜爺~

(6) 怖がるな。私はそなたの味方だ。

~ハク~

(7) ハクは私を助けてくれたの。わたし、ハクを助けたい。

~千/荻野千尋~

(8) 見るからにクズで! 甘ったれで! 泣き虫で! 頭の悪い小娘に、仕事なんかあるもんかね!

~湯婆婆~

(9) いいなあ、愛の力だなあ。

~釜爺~

(10) お父さん、お母さん、きっと助けてあげるから、あんまり太っちゃ駄目だよ、食べられちゃうからね。

~千/荻野千尋~

(11) 私の本当の名はニギハヤミコハクヌシだ!

~ハク~

(12) せ~ん! お前のこと鈍臭いって言ったけど、取り消すぞ~!

~リン~

(13) そう簡単にはいかないよ、世の中には決まりというものがあるんだ。

~湯婆婆~

(14) あなたの本当の名は、琥珀川……

~千/荻野千尋~

(15) 行きな! おまえの勝ちだ! 早く行っちまいな!

~湯婆婆~

(16) 辛かったろ。さぁ、お食べ。

~ハク~

(17) えーんがちょ、せい! えーんがちょ!!

~釜爺~

(18) ハク、会いたかった……

~千/荻野千尋~

(19) 千! よくやったね、大儲けだよ! ありゃあ名のある河の主だよ。みんなも千を見習いな!

~湯婆婆~

(20) 嫌だとか、帰りたいとか言わせるように仕向けてくるけど、働きたいとだけ言うんだ。辛くても、耐えて機会を待つんだよ。

~ハク~

(21) おまえトロイからさ、心配してたんだ。油断するなよ、わかんないことはおれに聞け。な?

~リン~

(22) ずいぶん生意気な口を利くね。いつからそんなに偉くなったんだい?

~湯婆婆~

(23) 名を奪われると、帰り道が分からなくなるんだよ。私はどうしても思い出せないんだ。

~ハク~

(24) こらあー、チビどもー! ただのススにもどりてぇのか!? あんたも気まぐれに手ぇ出して、人の仕事を取っちゃならね。働かなきゃな、こいつらの魔法は消えちまうんだ。ここにあんたの仕事はねぇ、他を当たってくれ。……なんだおまえたち、文句があるのか? 仕事しろ仕事!!

~釜爺~

(25) 一度あったことは忘れないものさ……想い出せないだけで。

~銭婆~

(26) ここがおれたちの部屋だよ。食って寝りゃ元気になるさ。

~リン~

(27) ここへ来てはいけない、すぐ戻れ! 私が時間を稼ぐ。川の向こうへ走れ!

~ハク~

(28) ちひろ。いい名だね。自分の名前を大事にね。

~銭婆~

(29) 自分で行って、運を試しな。

~釜爺~

(30) 湯婆婆は相手の名を奪って支配するんだ。いつもは千でいて、本当の名前はしっかり隠しておくんだよ。

~ハク~