高橋涼介の名言・格言10選|心に響く言葉

高橋涼介のプロフィール

高橋涼介
・しげの秀一の漫画作品『頭文字D』に登場する架空の人物。
・「赤城レッドサンズ」のナンバー1で、「プロジェクトD」のリーダーでもある。
・群馬大学医学部に通う医学生で、高崎市にある高橋病院院長の長男。
・将来は両親の後を継いで医師になることを決めており、プロのレーシングチームから誘いがあるもレーサーにはならず、関東全域に、地元の走り屋が何年掛かっても更新できないコースレコードを作り、最速の名を残す「伝説の走り屋」になってからの引退を決めていた。
Wikipedia

高橋涼介の名言・格言 10選

(1) FD最大の武器は旋回スピードの高さだ。それを忘れるなよ、啓介。

~高橋涼介~

(2) 奴は一戦ごとに進化している。

~高橋涼介~

(3) この一戦に自らの真価を問う。総力をあげて東堂塾を粉砕するぞ!!

~高橋涼介~

(4) お前の理論の正しさを立証してみたければ、オレに勝ってみろ!それができなければ、机上の空論だ。

~高橋涼介~

(5) 小さなステージで満足しないで、広い世界に目を向けていけよ…

~高橋涼介~

(6) ゾクゾクするぜ、最高のゲームだ。のるかそるか、ワンチャンス。チラチラと見え隠れする、針の穴のような突破口を突く!

~高橋涼介~

(7) モンスターなのは車じゃなく、ドライバーなのか!?

~高橋涼介~

(8) シミュレーションを少し変更する必要がある。だが、それだけのことだ。結果は変わらない。

~高橋涼介~

(9) しかし、仕掛けが早すぎたと思わないか?早過ぎる仕掛けは、相手に精神的なダメージから、立ち直る余裕を与える。

~高橋涼介~

(10) 前に出たからには、ヘタに食いつかれたら厄介だ。向こうが立ち直る前に、一気に突き放し、勝負を決めよう!

~高橋涼介~