猫の恩返しの名言30選|心に響く言葉

目次

猫の恩返しの情報

猫の恩返し(ねこのおんがえし)
・スタジオジブリ制作のアニメーション映画。監督は森田宏幸。
・スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ。
・猫の男爵バロンとムーンが2作に共通して登場する。宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする。
・『耳をすませば』の直接の続編ではないが「月島雫が書いた物語」という位置づけであるため、実質的には続編に近く「続編は作らない」という方針を採るジブリが試みた唯一の続編相当作品である。
Wikipedia

猫の恩返しの名言 30選

(1) 私はネズミ食べないし、ねこじゃらしもマタタビもありがたくないのよ。

~吉岡ハル~

(2) ようこそ、猫の事務所へ。

~バロン~

(3) ありゃ、まやかしだ。自分の時間を生きられないものが行くところさ。

~ムタ~

(4) よお、ムタ!どうだい!鳥に助けられる気分は。

~トト~

(5) 大変危ないところを助けて頂き誠にありがとうございました。お怪我はございませんでしたか?

~ルーン~

(6) ふーん、そっかぁ。猫の国もいいかもね。日がな一日ゴロゴロしてるんでしょう?天国かもね。おいしいものいっぱい食べてお昼寝して、イヤなことはみーんな忘れてさ。

~吉岡ハル~

(7) もしハルが本当に私たちのことを必要としたなら、きっとまた猫の事務所の扉は開くだろう。その時まで、しばしの別れ!

~バロン~

(8) ハル様のような、きれいな女性にも悩みがおありなんですねぇ。

~秘書~

(9) ここは、キミ達が住む所とは少しだけ違った場所。心を持った者たちの世界。人が持つ思いや願いをこめて作れたものにはいつしか心が宿る。私や彼のようにね。

~バロン~

(10) ユキちゃん、これを君の故郷で探してきたんだ。

~ルーン~

(11) 聞いてる?私、困ってるの。猫の国へ連れていかれそうなのよ。

~吉岡ハル~

(12) この靴ずみヤロー。

~ムタ~

(13) 私のスペシャルブレンドだ、そのつど味が変わるので保証はできないがね。

~バロン~

(14) おまえだって、ハルちゃんみたいな子がお嫁さんに来てくれたらうれしいかにゃーって。

~猫王~

(15) まったく、人のいいお嬢さんだぜ!そんな連中、ほっときゃいいものをよ。

~ムタ~

(16) 勝手なことばっかり言ってぇ。私がアンタの妃になるわけないでしょ。この変態ネコォー!

~吉岡ハル~

(17) キミがどうすれば、しっかりと自分の時間を生きられるか考えよう。それさえできれば何も恐れることはないのだからね。

~バロン~

(18) あいかわらず、口が悪いな。おまえには猫を助けた。この子の優しさが分からないのか?

~トト~

(19) ハルのその素直なところが私も好きだよ。

~バロン~

(20) 失礼とは思いますが今は急いでおりますゆえ、お礼はまた、改めて。

~ルーン~

(21) ありがとう。ユキちゃん、私まちがってなんかいなかった。猫を助けたことも、迷って苦しんだことも、みんな大切な自分の時間だったんだ。

~吉岡ハル~

(22) あいにく不自由な暮らしも気に入ってるのさ。

~バロン~

(23) そんな気遣いは無用です。僕はこのユキちゃんと結婚します。

~ルーン~

(24) 私はフンボルト・フォン・ジッキンゲン!ハルを迎えにきた!

~バロン~

(25) なんとまあ感動的。そうか、お前には決まった人がおったんか。しょうがないにゃ。うんうんうん。

~猫王~

(26) あっ、それね、ハルちゃんのスペシャルブレンドよ。そのつど、ビミョーに変わるから味の保証はできないけどね。

~吉岡ハル~

(27) ユキちゃん、これから始まる僕らの暮らしの記念にこのクッキーを受け取ってくれるね。

~ルーン~

(28) ダメだハル、自分を見失うんじゃない。君は君の時間を生きるんだ。

~バロン~

(29) ついてきな。

~ムタ~

(30) まだ、諦めるのは早いらしいぞ。

~バロン~

目次
閉じる