イタチの名言・格言20選|心に響く言葉

うちはイタチのプロフィール

うちはイタチ
・漫画作品『NARUTO -ナルト-』およびテレビアニメの『NARUTO -ナルト-』、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』などに登場する架空の人物。
・サスケの兄にして木ノ葉隠れの抜け忍。
・黒髪に黒い眼を持ち、目の辺りには深い皺が刻まれている。
・万華鏡写輪眼を開眼しており、月読や天照などの高い殺傷力を誇る瞳術を使いこなす。
Wikipedia

うちはイタチの名言・格言 20選

(1) オレには関わらないでください… アナタ達を殺すつもりはない。

~うちはイタチ~

(2) その行為は己が成長するための過程だ。お前のように己を偽る衣として使うな。己を許し本当の自分を認める者… それこそが本当の強者だ。…俺は木ノ葉隠れのうちはイタチとして… もう一度忍里を守ることができる。もうこの世界に未練はない。お前を変えられるのはもう俺じゃない。だからせめて… この術を止めることが俺の今できること。ナルトに託したことを蔑ろにしないためにもな。これで約束は果たした… 後は頼んだぞ… ナルト。

~うちはイタチ~

(3) 何故弱いか… 足りないからだ…… 憎しみが…

~うちはイタチ~

(4) 里の奴らが何と言おうと俺はお前のことをずっと愛している。

~うちはイタチ~

(5) 知識や認識とは曖昧なモノだ、その現実は幻かもしれない。人は皆思い込みの中で生きている、そうは考えられないか?

~うちはイタチ~

(6) どんな奴だろうと、最後になってみるまで自分が何者かなんてのは分からないものだ。死に際になって自分が何者だったか気づかされる。死とはそうゆうことだと思わないか?

~うちはイタチ~

(7) どんな術にも弱点となる穴は必ずある!

~うちはイタチ~

(8) 里がどんなに闇や矛盾を抱えていようと、俺は木の葉のうちはイタチだ。

~うちはイタチ~

(9) お前とオレは唯一無二の兄弟だ。お前の越えるべき壁としてオレはお前と共に在り続けるさ、たとえ憎まれようともな… それが兄貴ってもんだ。

~うちはイタチ~

(10) 忍ってのは人に憎まれ生きていくのが道理ってもんだからな。優秀ってのも考えものさ。力を持てば孤立もするし傲慢にもなってくる。最初は望まれ求められていたとしてもだ。

~うちはイタチ~

(11) 火影になった者が皆から認められるんじゃない、皆から認められた者が火影になるんだ。

~うちはイタチ~

(12) 俺はお前にいつも許せと嘘をつきこの手でお前をずっと遠ざけてきた… お前を巻き込みたくなかった。だが今はこう思う… お前が父と母を… うちはを変えることができたのかもしれないと… 俺が初めからお前とちゃんと向き合い、同じ目線に立って真実を語り合っていれば、失敗した俺が今さらお前に上から多くを語っても伝わりはしない。

~うちはイタチ~

(13) 許せサスケ、これで最後だ。

~うちはイタチ~

(14) 一度でも仲間に手をかけた人間はろくな死に方をしないものだ。

~うちはイタチ~

(15) お前はオレのことをずっと許さなくていい… お前が、これからどうなろうとオレはお前のことをずっと愛している。

~うちはイタチ~

(16) 一つとして、一つで完璧なんてものは、無いのかも知れない。だからこそ、補うものが引き寄せられるように生まれ、そばで対を成して、初めて少しでも良い方向へ近づけるものだと思う。イザナギとイザナミの術のように。

~うちはイタチ~

(17) 己が出来ない事を許すことが出来る様になることだ。すべてが出来ないからこそ、それを補ってくれる仲間がいる。自分が何者かを知りたければ本当の自分を見つめ直し認めることだ。己自身を認めてやることが出来ないやつは、失敗する。

~うちはイタチ~

(18) 力をつけた今他人の存在を忘れ驕り個に執着すればいずれ… マダラのようになっていくぞどんなに強くなろうとも全てを一人で背負おうとするな… そうすれば必ず失敗する…

~うちはイタチ~

(19) 人は誰もが己の知識や認識に頼り、縛られ、生きている。それを現実という名で呼んでな。

~うちはイタチ~

(20) オレは一人で何でもしようとし… 失敗した… 今度は… それこそ仲間に任せるさ…

~うちはイタチ~