海辺のカフカの名言12選|心に響く言葉

目次

海辺のカフカの情報

海辺のカフカうみべのかふか)
・村上春樹の10作目の長編小説。
・ギリシア悲劇と日本の古典文学を下敷きにした長編小説であり、フランツ・カフカの思想的影響のもとギリシア悲劇のエディプス王の物語と、『源氏物語』や『雨月物語』などの日本の古典小説が物語の各所で用いられている。
・15歳の少年「僕」が、不思議な世界を自ら行き来しながら、心の成長を遂げていく物語である。
Wikipedia

海辺のカフカの名言12選

(1) ある場合には運命っていうのは、絶えまなく進行方向を変える局地的な砂嵐に似ている。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(2) 想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、簒奪(さんだつ)された理想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(3) つまり迷宮というものの原理は君自身の内側にある。そしてそれは君の外側にある迷宮性と呼応している。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(4) 世界はメタファーだ。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(5) 人々はじっさいには不自由が好きなんだ。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(6) やがて君は眠る。そして目覚めたとき、君は新しい世界の一部になっている。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(7) 純粋な現在とは、未来を喰っていく過去の捉えがたい進行である。実を言えば、あらゆる知覚とはすでに記憶なのだ。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(8) やがて君は眠る。そして目覚めたとき、君は新しい世界の一部になっている。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(9) 誰もが恋をすることによって、自分自身の欠けた一部を探しているものだからさ。だから恋をしている相手について考えると、多少の差こそあれ、いつも哀しい気持ちになる。ずっと昔に失われてしまった懐かしい部屋に足を踏み入れたような気持ちになる。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(10) 耳を澄ませるんだ。はまぐりのように注意深く。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(11) 僕らはみんな、いろんな大事なものをうしないつづける。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

(12) 息をのむようなすばらしい思いをするのも君ひとりなら、深い闇の中で行き惑うのも君ひとりだ。君は自分の身体と心でそれに耐えなくてはならない。

~村上春樹『海辺のカフカ』~

鬼滅の刃   ワンピース

ナルト   スラムダンク

ジョジョ   ドラえもん

コナン   ヒロアカ

進撃の巨人   ポケモン

シンデレラ   メジャー

ルパン三世   HUNTER×HUNTER

ドラゴンボール   君の名は。

エヴァンゲリオン   銀魂

るろうに剣心   はじめの一歩

ちはやふる   黒子のバスケ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる