雪ノ下雪乃の名言30選|心に響く言葉

目次

雪ノ下雪乃のプロフィール

雪ノ下雪乃(ゆきのした ゆきの)
・渡航による日本のライトノベルの『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』に登場する架空の人物で、本作のヒロイン。
・八幡が「ユキペディア」と揶揄するほどの豊富な知識を持ち、さらには運動でも楽器の演奏でも大抵のことは3日でそれなりに修得できるという万能振りは、八幡も高く評価している。
・反面、その高い能力が仇となって継続して何かに取り組むといった経験に乏しく、その影響で持久力は極端に低い。
Wikipedia

雪ノ下雪乃の名言 30選

(1) ……その周囲に合わせようとやめてくれるしら。ひどく不愉快だわ。自分の不器用さ。無様さ、愚かしさの遠因を他人に求めるなんて恥ずかしくないの?

~雪ノ下雪乃~

(2) その認識を改めなさい。最低限の努力をしない人間には才能がある人をうらやむ資格はないわ。成功できない人間は成功者が積み上げた努力を想像できないから成功しないのよ。

~雪ノ下雪乃~

(3) そういうのを自己満足というのよ。あなた以外のだれにも通じないもの。人に読ませる気があるのかしら。そうそう、読ませるといえば、話の先が読めすぎて一向に面白くなる気配がないわね。で、ここでヒロインが服を脱いだのはなぜ? 必然性が皆無でしらけるわ。

~雪ノ下雪乃~

(4) あなたの奇癖、部室だけかと思ったら、教室でもなのね。あれ本当に気持ち悪いからやめたほうがいいわよ。

~雪ノ下雪乃~

(5) 馴れ合いなんて、私もあなたも一番嫌うものだったのにね……。

~雪ノ下雪乃~

(6) お断りします。そこの男の下心に満ちた下卑た目を見ていると身の危険を感じます。

~雪ノ下雪乃~

(7) つまらなかった。読むのが苦痛ですらあったわ。想像を絶するつまらなさ。

~雪ノ下雪乃~

(8) 比企谷くんも似合ってるわよ、そのゾンビ姿。目の腐り方なんてハリウッド級ね。

~雪ノ下雪乃~

(9) つまり、今日一日に限り、恋人のように振る舞うことを許可する、ということよ。

~雪ノ下雪乃~

(10) ……うちの部員をいたぶってくれたようだけれど、覚悟はできているかしら? 念のために言っておくけれど、私こう見えて結構根に持つタイプよ?

~雪ノ下雪乃~

(11) マイナス思考の理想論者なんて初めて見たわ……あなたの思想が流行ったら地球は滅亡するわね……。

~雪ノ下雪乃~

(12) いつかヒキガヤ君を好きになってくれる昆虫が現れるわ。

~雪ノ下雪乃~

(13) 由比ヶ浜さん。あなた、自分から誘っておきながら待ち合わせ場所に来ないのは人としてどうかと思うのだけれど。

~雪ノ下雪乃~

(14) お山の大将気取りで虚勢をはるのは結構だけど、自分の縄張りだけにしなさい。あなたの今のメイク同様、すぐにはがれるわよ。

~雪ノ下雪乃~

(15) うまく説明できなくて、もどかしいのだけれど……。あなたのそのやり方、とても嫌い。

~雪ノ下雪乃~

(16) 何かしら? あなたと話す時間も惜しいのだけれど。まだ昼食をとっていないのよ。

~雪ノ下雪乃~

(17) 試験の点数や順位程度で人の価値を測るのがバカだと言っているのよ。試験の成績は良くても人間として著しく劣る人もいるわ。

~雪ノ下雪乃~

(18) 短絡的な発想ね。脊髄の反射だけで生きているのかしら。人に好かれるということがどういうことか理解している?――ああ、そういう経験がなかったのよね。こちらの配慮が足りなかったわ。ごめんなさい。

~雪ノ下雪乃~

(19) まず、文法がめちゃくちゃね。なぜいつも倒置法なの? 『てにをは』の使い方知ってる? 小学校で習わなかった?

~雪ノ下雪乃~

(20) ヒキガヤ君、よく分からないのだけれど。今の茶番に何の意味があったのかしら?

~雪ノ下雪乃~

(21) それはどうかしら、人魚姫さん。あなたに待ち構えているのはバッドエンドだと思うけれど。

~雪ノ下雪乃~

(22) 甘いのね……気持ち悪い。

~雪ノ下雪乃~

(23) 誰かを陥れて喜んだり安心したりしている人間の傍にはそういう人間しか集まらないもの。

~雪ノ下雪乃~

(24) 別に本当にまったく気にしていないけれど、そうした外見的特徴によって人の勝敗など決まるものではないし、もし仮にそれによって勝敗を争うというのであれば相対的評価をすべきであって全体のバランスこそが対象となるのが普通なのよね。だから私は全然気にならないし……むしろ本当の勝者は果たしてどちらなのかしらという話になるのだけれど。

~雪ノ下雪乃~

(25) 文才の前に常識を身につけたほうがいいわ。

~雪ノ下雪乃~

(26) 礼儀も知らない礼節もわきまえない。そんな輩のお願いをこちらが聞く必要なんてないでしょう。

~雪ノ下雪乃~

(27) 驚いた、あなたの顔を見ると一発で目が覚めるのね。

~雪ノ下雪乃~

(28) 比企谷くんには由比ヶ浜さんを助けた覚えはないし、由比ヶ浜さんも比企谷くんに同情した覚えはない。……始まりからすでに間違っているのよ。

~雪ノ下雪乃~

(29) 気づかなくてごめんなさいね。あなたたちの生態系に詳しくないものだから、ついつい類人猿の威嚇と同じものにカテゴライズしてしまったわ。

~雪ノ下雪乃~

(30) 人はみな完璧ではないから。弱くて、心が醜くて、すぐに嫉妬し、蹴落とそうとする。不思議なことに優れた人間ほど生きづらいのよこの世界は。

~雪ノ下雪乃~

目次
閉じる