東のエデンの名言・格言20選|心に響く言葉

東のエデンの情報

東のエデン(ひがしのエデン)
・2009年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送されたテレビアニメ。
・記憶喪失の青年と謎の携帯電話を巡るサスペンス・アクション作品。
・世界観は同監督による『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの前時代に当たるとされており、諸々の繋がりがある。
・テレビ放送終了後、その後のストーリーを描く劇場版2部作が公開された。
Wikipedia

東のエデンの名言・格言 20選

(1) 家へおいでよ。全部俺がしょいこんでやるから。咲の話で俺が何すりゃいいか分かったし。だから無理して働くことないよ。俺に任せて。それにこの国はどの道いったんは誰かがなんとかしなきゃならないほど可笑しなことになってんだからさ。

~滝沢朗~

(2) 彼は仕方なく王子になった。少なくともわたしたちの希望する明日は誰かが王子という名の生贄になることでしかやってこないと気付いていたから。だから彼は不本意ながらも王子であろうとした。この王様のいない世界で。とはいえ彼はどうやって王子になったのだろうか。その秘密を、わたしはまだ知らない。

~森美咲~

(3) 今の社会は上の世代のオッサンが決めたルールでできているために自分たちには絶対勝てないようになっている。だったら、オッサンたちとは別の価値観で世界を塗り替えてしまおう。

~平澤一臣~

(4) この国の本当の救世主は、日々をコツコツと生きた名もなき者達であり、結果いっぱい土にまみれてこの世をさった歴史の敗者たちだ。

~阿東才蔵~

(5) だからいいんだよ。咲も働かなくて。いずれ困るのはあいつらさ。だからそれまでは何もしなくていいんだ。

~滝沢朗~

(6) 僕を馬鹿にした奴らに僕と同じ気持ちを味わわせてやるんだ。”持てる者の義務”でね。

~結城亮~

(7) 受理されました。ノベリスオブリージュ。今度会うときは素敵な王子様ならんことを。

~ジュイス~

(8) 死守運気をこじらせたニートの家でだろう。引きこもりが家を出たんなら、いいことじゃねえか。

~近藤勇誠~

(9) 咲だけでなく日本中がニート化すれば状況はひっくり返るでしょう。上がりを決め込んだおっさん達の方が泡食って頭を下げてくるって。

~滝沢朗~

(10) 何ていうか、一応あそこが世界の中心なのかな、なんておかしいですよね。普段はアメリカの事そんなに意識してるわけじゃないのに、私のちっちゃな悩みから世界情勢まで、根っこの部分ではみんなここに繋がっているのかな、なんて思えてきて……

~森美咲~

(11) 金貰う練習のため、かな。人っておもしろいもんで、金の払い方は5歳のガキでも知ってんのに、貰い方は大人でも知らなかったりするんだよね。そりゃ、金使う方が頭下げて貰うより気分いいから「お客様は神様です!」なんつって、つい消費者最強を振りかざすけど、これって本来は売る側の気持ちの話でしょ。だけど、みんなが金を払う側になっちゃったら一体誰がサービスするんだって話だよね。オレは金は払うより貰う方が楽しいって社会の方が健全な気がするんだけどな。

~滝沢朗~

(12) 彼はこうして王子になった。王様のいないこの国で。

~森美咲~

(13) ニートってのはそう言ったおっさん達に対抗するために一人一人が自発的にはじめたテロ行為なんだろ。

~~

(14) オッサンたちのインフラを利用しながらオッサンたちには見えない楽園を創設する。

~平澤一臣~

(15) 私、本当は生きたい会社があったの……でも面接でね、「あなたたち若い世代こそが社会の主人公です」って言うくせに、実際は私たちを使って自分たちだけうまくやっていこうとしているんじゃないかって思えてきちゃって、自分から断ったの…

~森美咲~

(16) あいつらは直列につないでやれば、結構なポテンシャルを発揮するんだ。

~滝沢朗~

(17) この国には頭のいい連中がいっぱいいるのに損な役回りする奴がいないんだ。できれば俺だってあんまりやりたくないけどさ。1人だけ信じてくれた子がいたから。

~滝沢朗~

(18) いまや総理大臣なんぞただの生贄(いけにえ)にすぎない。自由を手にいれ不自由になった国民のストレスのはけ口だ。

~物部大樹~

(19) 俺はニートではあるがすご腕のニートを自負してきた。

~平澤一臣~

(20) その時もそのままの俺でいたいよね。

~滝沢朗~