煉獄杏寿郎の名言10選|心に響く言葉

目次

煉獄杏寿郎のプロフィール

煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)
・吾峠呼世晴による日本の漫画『鬼滅の刃』に登場する架空の人物。
・炎の呼吸を使用する炎柱(えんばしら)。
・歴代「炎柱」を輩出している名家・煉獄家の出身。
Wikipedia

煉獄杏寿郎の名言 10選

(1) 竈門少年、俺は君の妹を信じる。

~煉獄杏寿郎~

(2) 老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそ、たまらなく愛おしく尊いのだ。強さというものは肉体にのみ使う言葉ではない。

~煉獄杏寿郎~

(3) 胸を張って生きろ。己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと。

~煉獄杏寿郎~

(4) そんなことで俺の情熱はなくならない!心の炎が消えることはない!俺は決して挫けない。そして千寿郎。お前は俺とは違う!お前には兄がいる。兄は弟を信じている。どんな道を歩んでも、お前は立派な人間になる!燃えるような情熱を胸に、頑張ろう!頑張って生きて行こう!寂しくとも!

~煉獄杏寿郎~

(5) 君が足を止めてうずくまっても、時間の流れは止まってくれない。共に寄り添って悲しんではくれない。

~煉獄杏寿郎~

(6) そして今度は君たちが、鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。

~煉獄杏寿郎~

(7) 自分の心のまま正しいと思う道を進むよう伝えて欲しい。体を大切にしてほしい。

~煉獄杏寿郎~

(8) 俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!!

~煉獄杏寿郎~

(9) 心を燃やせ。歯を食いしばって前を向け。

~煉獄杏寿郎~

(10) 母上、俺はちゃんとやれただろうか。やるべきこと、果たすべきことを全うできましたか?

~煉獄杏寿郎~

目次
閉じる