職場で生きる人に贈る名言・格言30選

職場って大事ですよね。あなたが仕事をしているなら、人生のかなりの部分を過ごす場所であり、自己の真価を発揮する場所だからです。職場の人間関係を良好に保ち、創造的な場所として築き上げていくのは最も大事なことだといえるでしょう。

職場をどのようにつくり上げるかにつき、先人は様々な思いを込めて語ってきました。ある人は、職場の人の話を興味深く聞き、学ぶ姿勢が大事だといいます。またある人は相手をほめて、やる気を引き出すことが大事だといいます。

いずれもその根底にあるのは相手に対する信頼です。互いに信頼しあい、協力しあう関係を築くことが大切になってくるというのです。もちろん言うは易く、行うは難しなのですが、まずは先人の名言に触れて、職場で生き生きと働くためのコツをつかんでみましょう。それでは、ごいっしょにどうぞ。

職場にまつわる名言・格言 30選

(1) 何ごとも期待される以上の仕事をするという秘訣を習得すれば、成功の勝利は半ば手に入れたも同然です。職場に欠かせない人材になるように、役に立つ人間になるのです。

~オグ・マンディーノ~

(2) 職場はもちろん、家庭もしかり。あらゆるところ、道場と思う心が大切だ。その心構えさえ持てば酒場も立派な道場ということになる。

~上山善紀~

(3) 野球場は私にとって神聖な職場であり、バットも神聖である。

~ジョー・ディマジオ~

(4) ストレスに満ちた職場では最高のパフォーマンスは生まれません。心と体の健康を取り戻すことが自分の能力に目覚める第一歩になります。

~ジム・バグノーラ~

(5) 他人はすべて自分よりもアカンと思うよりも、他人は自分よりエライのだ、自分にないものをもっているのだ、と思うほうが結局はトクである。

~松下幸之助~

(6) だれかを裁きたくなったら、黙って自分に言い聞かせましょう。『あの人はあれでもベストをつくしているのだ』と。それから、そんな自分を許しなさい。

~マーシャ・シネター~

(7) 人の悪口を言えば自分も不愉快になる。嫌な人はどこにでもいます。見ざる聞かざる言わざるが楽。

~美輪明宏~

(8) 人は誰でも、他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。

~デール・カーネギー~

(9) ほめたり叱ったりするには、周囲を巻き込むことも有効です。人前でほめることは、相手が嬉しいだけでなく、周囲にほめる習慣を浸透させる効果もあります。叱るときも、自分が言ってもダメなら他の人に叱ってもらうように頼むなど、協力態勢を作りながら行なうと職場の関係性が緊密になります。

~後田良輔~

(10) 具体的な悩みを抱えてスランプに陥っている部下には、助言よりも話を聞いてあげることが重要です。…『職場をこう変えたいのだが、君の意見を聞かせてくれ』というように、部下が『実は…』と心を打ち明けたくなる問いかけにすべきです。

~中野克彦~

(11) 自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である。

~バードランド・ラッセル~

(12) 人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである。

~フリードリヒ・ニーチェ~

(13) 仕事上での意見は違っていても、人間的には良いヤツであることがわかっているから、仕事が終われば仲良く付き合うことができる。そういう『怒り合える』人間関係が理想だと思っています。

~遠藤保仁~

(14) 自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕(じょ)、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことはできない。

~渋沢栄一~

(15) 他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずに済ませることができる。

~タモリ~

(16) 女性総合職にしても、熟年採用にしても、企業の中で少数派であるうちは本当の意味での実力発揮は難しいものです。本人も周囲も特別な存在であるという意識があっては、遠慮や差別が生じてしまい、あまり良い結果を生まないようです。このため、数を増やして職場で珍しくない存在にしてから、人材多様化という個々の人事政策の是非を判断しても遅くはないでしょう。

~宮内義彦~

(17) あなたが自分の事業、あるいは働きがいのある職場に真心を注ぐとき、人には不可能に見える夢を実現することができるのだ。そのとき、生きがいに満ちあふれた人生が開かれる。

~ハワード・シュルツ~

(18) 信頼とは信頼に値する材料があるからするというものではなく、まず先に信頼してしまうことなのです。信頼されると人はそれにこたえようとするものです。

~ジョセフ・マーフィー~

(19) 自分の人生を生きることは今の職場では無理だと感じたら、他の職場に移ることも考えるべきだと私は思います。意に沿わない職場で仕事を続けるべきだとは思いません。

~岸見一郎~

(20) 職場は一将の影。僕の自戒の言葉でもあるんですが、自分の会社の部下を評してダメだなんて言ったり、嘆いたりするとしたら、それはトップ自身の無能さの反映でしかありません。

~谷井昭雄~

(21) いまの職場は自分に合っていないからビリッケツでいいんだという人は、実を言うとビリになることに慣れていますから、どこの業界に行ってもビリです。目の前のことをできない人が、何もわからない他の業界で成功するわけがありません。いまの自分のいるところでまず頑張ることが生きることだと思います。

富野由悠季~

(22)『月商○○○万円。達成できたら給与アップ。できなければ給与ダウン』と、アメとムチを与えたところでチームワークは生まれません。職場、つまりチームで自分が必要とされているという安心感と、感謝の気持ちを介した信頼関係の構築によって、はじめてチームワークが醸成されていくのだと信じています。

~福原裕一~

(23) 成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない。だがもし最高のレベルに達したなら、自己中心的であってはいけない。他人とうまく付き合い、一人になってはならない。

~マイケル・ジョーダン~

(24) あなたがやりたくないことを他人に頼むのは、フェアではありません。

~エレノア・ルーズベルト~

(25) サラリーマンには異動や転勤がつきものだ。働きなれた職場を変わることに、心理的抵抗は必ずあるだろう。しかし、そこに好奇心があれば、進んで新しい環境で挑戦してゆくことができる。なんでも楽しんでチャレンジする。それは人間の幅を広げてくれる。

~町田勝彦~

(26) 学び続ける組織や、全社的品質を創造しようとする動きは、職場にコネッシオーネ(関連、すべての物事がつながっているという哲学)の考え方を応用しようとする試みだ。あなたの組織の構造力学を表す図式を描いて実験してみよう。ようやくあなたの組織、または会社を、人体に例える質問の観点から見ることができる。

~マイケル・ゲルブ~

(27) なぜミドル(中堅・中年社員)が大切か。職場の若い人たちにとっては、どういう人のもとで仕事をするかが非常に重要になる。若いときにいい上司につけば能力を伸ばすことができるし、そうでなければなかなか伸ばせないところがある。若い人にとっては、ミドルが社長なのです。

~久保徳雄~

(28) いい時は人が集まってくるが、調子が悪くなるとサーッと離れていく。いい時も悪い時も同じ付き合い方をしてくれる人とだけ、付き合っています。

~落合博満~

(29) 人間関係で一番大切なのは、『そうですよね、わかりますよ』という言葉です。

~斎藤一人~

(30) やたらにしゃべる人より、目を輝かせて聞く人のほうが、ずっと魅力的な場合がある。それは、知的好奇心の活発さと、自分だけにとらわれていない心の広さを感じさせるからだ。

~長部日出雄~