年齢を重ねた人に贈る名言・格言20選

「いやぁ、年とっちゃってもう…」と考えている方、いらっしゃいませんか? 

年齢を重ねると、身体が思うように動かなくなったり、新しいことにチャレンジするのが億劫(おっくう)になったりして、何事に対しても消極的になってしまいがちです。でも、実はそんな必要なんてないんですね。

有名人・偉人の方々の言葉に触れてみると、彼ら彼女らが考える年齢は、気持ちから出てくる部分が大きいのだということがわかります。前をみて進もうという意思が、年齢という壁を突破させるみたいです。あなたも先人の言葉に触れて、年齢の壁を乗り越えてみましょう! それでは、どうぞ。

年齢にまつわる名言・格言 20選

(1) 新しい目標を持ったり、新しい夢を見たりするのに、歳をとりすぎたということはない。

~C・S・ルイス~

(2) 年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うときに始めて老いがくる。

~サミュエル・ウルマン~

(3) 20歳であろうが80歳であろうが、学ぶことをやめた者は老人である。学び続ける者はいつまでも若い。人生で一番大切なことは、若い精神を持ち続けることだ。

~ヘンリー・フォード~

(4) 老年は山登りに似ている。登れば登るほど息切れするが、視野はますます広くなる。

~イングマール・ベイルマン~

(5) 世間では妙にありがたがってる部分もあるけど、若さって俺はたいした特典ではないと思う。年齢は関係なくて、無茶をできるスピリッツを持っているかが問題。

~北野武~

(6) 65歳で退職なんてばかばかしい。私が65歳のときはまだニキビがあったよ。

~ジョージ・バーンズ~

(7) 未完成の自覚を持って、絶えず努力してゆくところに青春がある。たとえ若くても、自己満足におちいっているなら、その人は老人に等しい。

~亀井勝一郎~

(8) 決して満足しない毎日が、年齢の壁を破る。

~中澤佑二~

(9) 私はその人柄のなかに老人的なものを幾らか持っている青年を好ましく思う。同じように青年的なものを幾らか持っている老人を好ましく思う。このような人柄の人間は体が年をとっても心が老いることは決してない。

~キケロ~

(10) ディズニーランドを子どもだけのために作ってはいけない。人はいつから子どもではなくなるんだい? 大人のなかに、子供の心が消えてしまっているといい切れるかい?  いい娯楽であれば、若者にも老人にも誰にでもアピールすることができる。親が子どもを連れて来られる、そして大人だけで来ても楽しく過ごせるところ、僕はここをそんな場所にしたいんだ。

~ウォルト・ディズニー~

(11) すべての芸術的表現における創造性や才能には、年齢なんてないんだ。年季はなんの助けにもならない。

~マイルス・デイヴィス~

(12) 悔いるよりも、今日直ちに決意して、仕事を始め技術を試すべきである。何も着手に年齢の早い晩(おそ)いは問題にならない。

~吉田松陰~

(13) 企業の定年退職は、人間の能力について想像力を欠如させた悪しき制度ですね。社会制度、つまり人間の生き方に対する社会的な観念が、寿命の延びに追いついていないのがいまの大きな問題だと思いますが、定年制度はそのひとつです。60歳を超えたら引退して静かに暮らすべきだというのは、老人を理解していません。

~新藤兼人~

(14) 私は時間の概念を知っているし、年齢の存在も知っている。でも、私は年齢を信じていないんだ。

~ヒクソン・グレイシー~

(15)『恋なんて若気の至りだ』とか『いまさら、そんな』とか。なぜ?  八十や九十になって、若気の至りをやってはいけないの?

~岡本敏子~

(16) 実年齢と同じスピードで、心の年をとっていくことはないと思うんです

~郷ひろみ~

(17) 人は60歳や65歳になると人生これで終わりと思うものだ。しかし、その人の年齢は、自分が感じた歳、思い込んだ歳で決まる。歳がいくつであろうと、やれる仕事はたくさんある。

~カーネル・サンダース~

(18) 人生に挑戦するのに年齢なんて関係ない。そもそもこの世に時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ。私は時計師だからそのことがよくわかる。

~フランク・ミュラー~

(19) 年齢を経たからといって好奇心が薄れていくなんて、私には信じられない。

~ジェーン・バーキン~

(20) 人生を過ごすのは年齢ではありません。毎日毎朝、目が開いたら、今日一日の私の青春。

~原野亀三郎~