人生に迷ったときに読みたい名言・格言30選

「この先、どのように生きていけばいいかわからない…」と悩んでいるあなた、あなただけじゃありません。ほかの方もずいぶんと迷いを抱えながら生きているようです。

名言を読んでみると、偉人や有名人も「どのように生きればいいのだろう?」と何度も自分に問いかけながら生きていたことがわかります。覚悟を決めて一本道を歩むまでにいろいろな迷いが生じるのは、あなたも先人もいっしょです。

「道はいくつもある」「この道一本と定める」。道をどのように考えるとしても、自分が今歩んでいる道を信じることが大切なんですね。それでは、先人があなたに贈る名言に触れて、自分の道を探ってみましょう。

人生に迷ったときの名言・格言 30選

(1) 人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。

~坂本龍馬~

(2) お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ。

~ダンテ~

(3) 自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

~ヘルマン・ヘッセ ~

(4) この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。

~武者小路実篤~

(5) 私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。

~岡本太郎~

(6) 『苦しむならどんなことをしてでも苦しもう』と決心した。

~手塚治虫~

(7) どのような道を歩くとも いのちいっぱいに 生きればいいぞ。

~相田みつを~

(8) 『この世に何をしにきたのか』と問われたら、私は迷いもてらいもなく、生まれたときより少しでもマシな人間になる、すなわちわずかなりとも美しく崇高な魂をもって死んでいくためだと答えます。

~稲盛和夫~

(9) 勝って、勝ちにおごることなく、負けて、負けに屈することなく、安きにありて、油断することなく、危うきにありて、恐れることもなく、ただ、ただ、一筋の道を、踏んでゆけ。

~嘉納治五郎~

(10) 自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。

~ゲーテ~

(11) 一生の仕事を見出した人は幸福である。その人には、ほかの幸福を探す必要がない。

~トマス・カーライル~

(12) 事を成し遂げる秘訣は、ただ一つの事に集中することにある。

~エイブラハム・リンカーン~

(13) 選択するということは、優先度をつけることであり、エネルギーの分散を極力避けることである。

~利根川進~

(14) 昔は、遠い、一本の道しかなかった。そのため、選択の余地なくその道を歩んだけれど、今は近道が他にたくさんできている。

~羽生善治~

(15) 人間は生き方を変えることができる。

~日野原重明~

(16) 山は西からでも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

~松下幸之助~

(17) 古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。

~松尾芭蕉~

(18) 誰にでも迷うときはあります。それは、ある意味自然なことです。しかし、いったん覚悟を決めておけば、心は平安です。割り切ってしまえば、気楽になれます。日ごろから迷わない心の準備を心がけましょう。

~船井幸雄~

(19) 他人が作った道を失敗もなく歩む人々より、自分自身の道を迷いながら歩む、子どもや青年たちが僕は好きだ。

~ゲーリー・プレーヤー~

(20) 他人に頼っている限り何度でも同じ迷いが生じるでしょう。

~松岡修造~

(21) 答えがないようなことを延々と考えすぎて、迷いが生まれているときにどう切り替えるか。そういうときに僕は身近なところにいる『頑張っている人』を目にするようにしている。

~長谷部誠~

(22) 努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。

~ヘンリー・フォード~

(23) 道順を『10回』聞いた方が、『1回』道に迷うよりも良い。

~マーヴィン・トケイヤー~

(24) 私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。

~本田宗一郎~

(25) いまだに何かを分かったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けております。

~タモリ~

(26) もっと心の変化に敏感になって。迷いの答えも、実はあなたの心は知っています。

~江原啓之~

(27) 一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ。過去は及ばず、未来は知れず。死んでからのことは宗教にまかせろ。

~中村天風~

(28) 悩みや迷いが吹っ切れない時は、行動して解決にあたりなさい。

~ジョセフ・マーフィー~

(29) 迷いだの悟りだのということは知らん。ましてや名声だの利欲などは問題ではない。すでに夜となり雨が降っているが私はこうして二本の脚をゆったり伸ばして満ち足りている。

~良寛~

(30) 道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ。

~アントニオ猪木~