ルイ・パスツールの名言・格言10選|心に響く言葉

ルイ・パスツールのプロフィール

ルイ・パスツール
・1822年12月27日に生まれ、1895年9月28日に亡くなる。
・フランスの生化学者・細菌学者。
・「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉で知られる。
・王立協会外国人会員。ロベルト・コッホと共に「近代細菌学の開祖」とされる。
・分子の光学異性体を発見し、また牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション(Pasteurisation・低温殺菌法とも)を開発。
・そして、ワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明している。
Wikipedia

ルイ・パスツールの名言・格言 10選

(1) 浅薄な間違った知識は神から遠ざからせ、深遠で誠の知識は神に近づかせる。

~ルイ・パスツール~

(2) 微生物は何ほどでもない。土が全てである。

~ルイ・パスツール~

(3) 批判的精神を第一のものとせよ。

~ルイ・パスツール~

(4) 病気の治療薬よりも、それを防ぐ方法を私は探す。

~ルイ・パスツール~

(5) 真理を認識するだけでは十分ではない。さらに真理を公表しなければならない。

~ルイ・パスツール~

(6) 人に名誉を与える職業があるのではなく、むしろその職業を名誉と思う人がいるのである。

~ルイ・パスツール~

(7) 私は学問そのものの為に研究するのだ。

~ルイ・パスツール~

(8) 科学に国境はない。

~ルイ・パスツール~

(9) 偉大な人々は目標を持ち、そうでない人々は願望を持つ。

~ルイ・パスツール~

(10) 一瓶のワインの中には、全ての書物よりも多くの哲学が詰まっている。

~ルイ・パスツール~