レイチェル・カーソンの名言10選|心に響く言葉

目次

レイチェル・カーソンのプロフィール

レイチェル・カーソン
・1907年5月27日に生まれ、1964年4月14日に亡くなる。
・アメリカ合衆国のペンシルベニア州に生まれの1960年代に環境問題を告発した生物学者。
・アメリカ内務省魚類野生生物局の水産生物学者として自然科学を研究した。
・農薬で利用されている化学物質の危険性を取り上げた著書『沈黙の春』(Silent Spring)は、アメリカにおいて半年間で50万部も売り上げ、人類史上において、環境問題そのものに人々の目を向けさせ、環境保護運動の始まりとなった。
Wikipedia

レイチェル・カーソンの名言 10選

(1) 「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。

~レイチェル・カーソン~

(2) 地球の美しさについて深く思いを巡らせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力を持ち続けることができるでしょう。

~レイチェル・カーソン~

(3) 世界中の子供に、生涯消えることのない『センス・オブ・ワンダー』を授けて欲しい。。※センス・オブ・ワンダー…神秘や不思議さに目を見張る感性。

~レイチェル・カーソン~

(4) 地球の美しさをよく見つめる人は、生命が続く限り持ち堪える大きな力に気づくだろう。

~レイチェル・カーソン~

(5) 今、私たちは岐路に立たされている。私たちはずっと高速道路を走ってきた。快適でスピード感に酔うこともできた。しかし、行き着く先は破滅。もう一つの道は、人はあまり行かないが、この道を行く時にこそ、自分たちが住んでいるこの地球の安全と生命を守ることができるのだ。

~レイチェル・カーソン~

(6) 残念なことに、私たちの多くは大人になる前に澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直観力を鈍らせ、ある時は全く失ってしまいます。

~レイチェル・カーソン~

(7) 幼い子ども時代は、この土壌を耕す時です。

~レイチェル・カーソン~

(8) 春が来ても、鳥たちは姿を消し、鳴き声も聞こえない。春だというのに自然は沈黙している。

~レイチェル・カーソン~

(9) 地球の美しさと神秘を感じ取れる人は、科学者であろうとなかろうと人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれることは決してないでしょう。

~レイチェル・カーソン~

(10) 地球上の生命の歴史は、生命とその環境の歴史である。

~レイチェル・カーソン~

アインシュタイン   レオナルド ダ ヴィンチ

ガリレオ ガリレイ   ニコラ テスラ

ユング   チャールズ ダーウィン

ファーブル   湯川秀樹

山中伸弥   茂木健一郎

毛利衛   中野信子

江崎玲於奈   森博嗣

岡潔   寺田寅彦

河合隼雄   加藤諦三

ジョン フォン ノイマン   ファインマン

レイチェル カーソン   アルキメデス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる