グラハム・ベルの名言20選|心に響く言葉

目次

グラハム・ベルのプロフィール

アレクサンダー・グラハム・ベル
・1847年3月3日 – 1922年8月2日、スコットランド エディンバラ出身。
・科学者、発明家、工学者。
・世界初の実用的電話の発明で知られている。
Wikipedia

グラハム・ベルの名言 20選

(1) (電話開通の瞬間の第一声)
ワトソン君、ちょっと来てくれたまえ。

~グラハム・ベル~

(2) 一つの扉が閉じるとき、別の扉が開きます。

しかし、我々はしばしば閉じられた扉をあまりにも長く、後悔しながら見ているので、我々の前に開かれている扉を見ていない。

~グラハム・ベル~

(3) 何はさておいても、準備こそが成功の鍵である。

~グラハム・ベル~

(4) 一般的に、人が生まれつき持っているものは本当に少ない。
人は自分自身で創造するものだ。

~グラハム・ベル~

(5) (卑屈な性格の理由について)
小学生の時好きな女の子に腐った味ごはんのにおいがするって言われ。

~グラハム・ベル~

(6) (助手のワトソンに言った言葉)
失敗したら死のう。

~グラハム・ベル~

(7) (冗談半分によく言っていた言葉)
どうして電話を発明してしまったんだろう。

~グラハム・ベル~

(8) (イライシャ・グレイについて)
グレイさん、電話を発明したのはあなたで、もしもあなたののろまな弁護士たちがちゃんと仕事をやっていたなら、特許はあなたのものになっていたはずですよ。
だが、あのころわたしはあなたのことはよく知らなかったし、あなたも、わたしにタバコをくれたこともなければ、飲みに誘ってくれたこともなかったですしね。

~グラハム・ベル~

(9) 私の職業はろうの教師。

~グラハム・ベル~

(10) (アメリカ合衆国の市民権を得てアメリカ人を自称したことについて)
あなたは生まれた国の市民になるしかない。
しかし私は自分でそれを選んだ。

~グラハム・ベル~

(11) 人間には一つの曲がり角があることがはっきり分かっているのですが、果たしてその向こうにどんな思いがけないことが待っているのかさっぱり分からないのです。

~グラハム・ベル~

(12) 人間はすべての動物の中で唯一、動物的欲求の充足だけでは決して満足することない生き物である。

~グラハム・ベル~

(13) 1つの目標達成は新たな目標の出発点だ。

~グラハム・ベル~

(14) 目の前の仕事に集中せよ。
太陽光線も一点に集中しなければ、発火しないのだから。

~グラハム・ベル~

(15) ときには踏みならされた道を離れ、森の中へ入ってみなさい。

そこではきっと、あなたがこれまでに見たことがない、何か新しいものを見出すに違いありません。

~グラハム・ベル~

(16) 世間は、私が電話の発明以外、なにもしなかったと思っているらしい。
私は確かに電話の発明でお金をたくさん儲けたよ。

しかし、お金さえ儲ければ成功したと思うだなんて本当に気の毒な話だよ。
それよりも、私は口がきけない人が、もっと楽に口がきけるようになれたらどんなにいいだろうと思っている。
それができたら、私は本当の意味で幸せになれたのだろう。

~グラハム・ベル~

(17) どんな仕事をやりたいか自分で見出して、ただ一心に打ち込むことだ。

人より一歩先んじたければ、自分の将来の方針は自分で決めるべきだ。

~グラハム・ベル~

(18) 生きていることは素晴らしい。
この世界は面白いことでいっぱいだ。

~グラハム・ベル~

(19) 人生とは素晴らしく興味の多いところです。
色々な事が起こるものですが大抵は予想しなかったことです。

~グラハム・ベル~

(20) 大気の管理が安全にできる国が、世界を究極的に支配する。

~グラハム・ベル~

目次
閉じる