ハワード・シュルツの名言30選|心に響く言葉

目次

ハワード・シュルツのプロフィール

ハワード・シュルツ
・1953年7月19日に生まれ、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションを成長させた実業家。
・同社の元会長兼社長兼最高経営責任者。
・ノーザン・ミシガン大学を卒業後、ゼロックスに入社し、その後、雑貨会社の副社長に転じ、そこで、コーヒーメーカーを大量に仕入れたスターバックス社を知り1982年に入社。
・1985年独立し、エスプレッソ小売店を創業、1987年400万ドルでスターバックス社を買収した。 シアトルの一コーヒーショップに過ぎなかったスターバックスを、世界的な規模に成長させた中興の祖。
Wikipedia

ハワード・シュルツの名言 30選

(1) 挫折は言うてみりゃ心の捻挫たい。時がたてば治るもんたい。「励まし」いうシップば貼ると治りも早か。

~ハワード・シュルツ~

(2) あまり人の通らない道を選ばなければ、新しい会社を設立したり、新しい製品を開発したり、長期的な事業を進めたり、周りの人を励ましてその能力を引き出し、より高い目標を達成することなどできるはずがない。

~ハワード・シュルツ~

(3) 頂点に立つ有能な人物と、より才能に恵まれていながら能力を発揮できない人物とは、どこが違うのだろう。成功の要素にはタイミングとチャンスがある。しかし、本当は自分でチャンスを作り出し、他の人たちに見えない大きなチャンスが見えた時には、いつでも飛びつけるよう準備をしておくべきなのだ。

~ハワード・シュルツ~

(4) どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。

~ハワード・シュルツ~

(5) いまが絶好のチャンスなのだ。このチャンスをつかまずに、現状に甘えてリスクを避け、いたずらに時を過ごしていたらチャンスは二度と戻ってこないだろう。このチャンスをつかまなかったら一生後悔することになると私は思った。結果がどうなろうとやらなければならない。

~ハワード・シュルツ~

(6) 解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。基礎をしっかり固めて、貪欲に知識を吸収し、従来の考え方を大胆に切り換える。

~ハワード・シュルツ~

(7) 夢想家には、他の人たちと違うところが一つある。夢を追う人は単調な日常生活とは全く異なる魅力的な世界を創造しようとする。私の個人的な体験からすれば、生い立ちが貧しければ貧しいほど想像力を働かせて、あらゆることが可能な世界を夢想するようになるのだと思う。私の場合は、確かにそうだった。

~ハワード・シュルツ~

(8) これまで誰もやらなかったことに挑戦するのだ。

~ハワード・シュルツ~

(9) 社員が経営者に不信感を抱くようになった途端に、その企業の将来は危うくなる。

~ハワード・シュルツ~

(10) 何かできる立場になった時には、決して人々を見捨てるようなことはしないと固く心に誓っていた。

~ハワード・シュルツ~

(11) 母自身は高校を卒業できなかったが、おおざっぱな頑固なやり方で私に自信を植え付けようとした。何かに成功した偉大な人物の例をいくつも挙げて、同じようにやればどんな目標も達成できることを強調し、自ら求めて困難に挑戦することを推奨した。おかげで私は苦境を克服する術を学ぶことができた。

~ハワード・シュルツ~

(12) 私は困難に挑戦することに快感を覚える。目標の達成を目指す行為は、多くの人々の挑戦を拒んできた険しい絶壁を登るのに似ている。それが困難であればあるほど努力する喜びは高まり、頂上を極めた時の満足感は大きくなる。常に理想を追い求める登山家のように、我々もさらに高い山を求め続けている。

~ハワード・シュルツ~

(13) 利益だけを考える企業は従業員を道具のように扱い、コストを低く抑えようとする。容赦なく首切りをする経営者が一時的に自社の株価を上げる場合がよくある。そんな経営者は社員の士気を低下させるだけでなく、革新を阻み、会社の発展を支えてきた大切な人たちとの心の絆を断ち切っているのだ。

~ハワード・シュルツ~

(14) 人間の心は自己疑惑と自信の間を微妙に揺れ動いている。この二つの感情を同時に抱くことさえある。いまでもしばしば不安に圧倒されながらも、自信と希望が湧いてくることがある。

~ハワード・シュルツ~

(15) 企業家は、会社の発足当初から社内文化や価値観、指導理念を組織に浸透させなければならない。それが会社の方針や雇用、経営戦略を決める基盤となる。

~ハワード・シュルツ~

(16) 全世界のサービス業で事業を続けて行く中で大切なのはお客さんの財布からカネを獲るのではなく、お客さんとの関係を構築する事。

~ハワード・シュルツ~

(17) 毎日仕事をするにあたって一番大切なのは、会社の価値観を他の社員、とくに新入社員に啓蒙することだ。企業の規模にかかわりなく、正しい社内文化を確立しなければ成功はおぼつかない。

~ハワード・シュルツ~

(18) われわれは、コーヒーを売るために商売をしてるのではない。人々を喜ばせたいと想い、その手段としてコーヒーを扱っているのだ。

~ハワード・シュルツ~

(19) 他の人が賢明だと思う以上に注意しろ。他の人が安全だと思う以上にリスクを冒せ。他の人が現実的だと思う以上に夢を見ろ。他の人が可能だと思う以上に期待しろ。

~ハワード・シュルツ~

(20) 自分のアイデアを話しているうちに、いま何をなすべきかがわかってきた。いまが絶好のチャンスなのだ。このチャンスをつかまずに、現状に甘えてリスクを避け、いたずらに時を過ごしていたらチャンスは二度と戻ってこないだろう。このチャンスをつかまなかったら一生後悔することになると私は思った。結果がどうなろうとやらなければならない。

~ハワード・シュルツ~

(21) 君の夢を信じ、大きな夢を持つんだ。

~ハワード・シュルツ~

(22) 社内文化、価値観、指導原則や人類の理解が真の成功の秘訣なのです。

~ハワード・シュルツ~

(23) スターバックスは真心で経営し、魂をはぐくみ、しかも利益を上げられることを実証している。我々は社員の人格を尊重するという社会の基本理念を犠牲にすることなく、長期にわたって株主に利益を配当しているのだ。

~ハワード・シュルツ~

(24) 社員が会社の使命に共感し、成功したチームの一員として誇りを持ってほしいというのが、私の当初からの願いだった。この願いを実現するためには、目的を明確に定めるとともに、全社員の意見に耳を傾ける必要がある。

~ハワード・シュルツ~

(25) 結局のところ、社員のひたむきな献身がなければ、スターバックスは繁栄することも顧客の心をとらえることもできない。

~ハワード・シュルツ~

(26) スターバックスを創立した理由はただ一つ。コーヒーや紅茶を愛し、シアトルの人々に最高のものを味わってもらいたかったのだ。

~ハワード・シュルツ~

(27) 私たちはコーヒービジネスを展開しているのではないのです。コーヒーを提供するピープルビジネスを展開しているのです。

~ハワード・シュルツ~

(28) 勝利を確信する気持ちがあまりにも強かったので、周りの人たちの期待が小さければ小さいほど、あっと言わせてやれると思って喜んでいた。

~ハワード・シュルツ~

(29) 常に成功が保証されているわけではありませんからね。私は毎日何かを学ばなくてはいけない。優雅になってはいけないと思っています。

~ハワード・シュルツ~

(30) どんなことにも意欲的に取り組んだ。自分に責任を持ち、どんな人からも学ぼうとした。チャンスは絶対に逃さず、一歩一歩着実に成功への道を切り開いてきたのだ。

~ハワード・シュルツ~

目次
閉じる