神田正の名言20選|心に響く言葉

目次

神田正のプロフィール

神田正(かんだ ただし)
・1941年生まれ、埼玉県入間郡高萩村(現日高市)出身。
・株式会社ハイデイ日高代表取締役会長。
Wikipedia

神田正の名言 20選

(1) 働いている人がハッピーでないと、お客様もハッピーにならない。

~神田正~

(2) どうしてここまで来られたのか。振り返ってみると、いつも「学ぶ」心を忘れなかったおかげのように感じます。

~神田正~

(3) 大事なのは、自覚と責任感を持って臨むかどうかだけ。失敗したら会社に大変な迷惑をかけるという責任感が、学ぶ力を強くし、判断力を磨く。それが会社を強くするのです。

~神田正~

(4) 世の中の出来事を好奇心を持って見つめて考えなければ、勘は生まれないのではないでしょうか。

~神田正~

(5) 私がいなくなったあとを任せる後継者は、世襲ではなく、社員約800人の中で一番情熱がある人がよいと考えています。

~神田正~

(6) 先日、アルバイトの女子大生から「瓶ビールがよく売れている理由、会長は分かりますか?」と聞かれました。生ビールより割高な瓶ビールが、よく注文されていることは私も知っていました。しかし、理由までは分からなかった。

答えを聞いてみると、「瓶ビールは互いに注ぎ合ったりして、自然にコミュニケーションができるからです」と教えてくれました。現場の目というのは確かです。

~神田正~

(7) 組織なんて所詮、息をしていない物体に過ぎません。組織より大切なのは、生きている人間です。

~神田正~

(8) わが社にとってバブル崩壊は思いがけない僥倖でした。なぜかというと、バブル崩壊による企業の雇用抑制で、これまで採用が難しかった優秀な人材がどんどん入ってきてくれるようになったから。

~神田正~

(9) 上場した時、東京証券所ですごい車が並んでいた。『どれできたの?』と聞かれて『地下鉄で来た』と言ったらびっくりされた。

~神田正~

(10) やっぱり従業員。この人たちにどんなに感謝したってしきれない。

~神田正~

(11) 貧乏の家に育った精神のままで一生を終わりたい。欲しいものはない。

~神田正~

(12) パートさんの場合20年勤めていても、『ありがとう』も言えずにいなくなることもある。あれを見て人間として耐えられなくなった。

~神田正~

(13) 従業員が『日高屋と縁があって良かった』『日高屋にいた時が忘れられない』という存在になりたい。

~神田正~

(14) 社員と縁があって苦楽を共にして、65、70歳まで人生を共にして、『この会社にいて良かった』と言われるようなものをつくっていきたい。

~神田正~

(15) ほとんどの人が60歳を過ぎて辞めていく。その時、やりたい人は焼き鳥屋をやれば70歳まで働ける。そういうものを残してあげたい。

~神田正~

(16) 運転手付きのハイヤーを使うくらいなら、その分、従業員の給与を上げます。

~神田正~

(17) 地域に愛されれば利益はついてくる。

~神田正~

(18) 振り返ると、うちはいつも逆張りで成功してきたんです。

~神田正~

(19) 派手なことは何もありません。地道にコツコツやってきた成果です。

~神田正~

(20) 時代の移り変わりを読む能力は現場で養われる。

~神田正~

目次
閉じる