木村清の名言30選|心に響く言葉

目次

木村清のプロフィール

木村清(きむら きよし)
・1952年4月19日に生まれ、日本の実業家。
・株式会社喜代村代表取締役社長。
・「すしざんまいの木村社長」と紹介されることが多いが、「すしざんまい」は喜代村が運営する寿司店の屋号であり、役職名としては「喜代村の木村社長」が正しい。
・マグロ解体のパフォーマンスとして自ら包丁を入れ解体ショーを行うが、寿司職人ではないため寿司は握れない。
Wikipedia

木村清の名言 30選

(1) 修羅場を何回くぐったかが人生なんだ。だから、ピンチは大きい方がいい。

~木村清~

(2) 私も人間だから、人に失礼なことを言ってしまったりと失敗はある。

~木村清~

(3) 人は「人の喜び」によって生かされています。

~木村清~

(4) 諦めないから今日がある。

~木村清~

(5)(自衛隊時代)当時の教官や大隊長は、第二次大戦を生き抜いた人達で、体罰なんて当たり前。

~木村清~

(6) 売上げが伸びていなければ、お客さんが満足していないということ。

~木村清~

(7) 努力をすれば絶対に叶うから、夢は捨ててはいけない。

~木村清~

(8) 今何ができるかを見つけることが大切。

~木村清~

(9) 新しいものには人が集まってくる。人が喜んで来るから繁盛する。

~木村清~

(10) すしざんまいを始めたのも、衰退する築地市場を活気づけたいという思いからでした。

~木村清~

(11) 寿司業界を盛り上げないと寿司職人がいなくなってしまう。潰れるまで続ける覚悟で今日までやってきた。

~木村清~

(12) (すしざんまいについて)ダメなところを言ってもらえればどんどん改善する。

~木村清~

(13) 時間はとにかく大切なもの。

~木村清~

(14) スキューバダイビングや釣り、ゴルフなどもやります。

~木村清~

(15) もうダメだと思うときは疲れている時。そういうときは布団に入って心のスイッチを完全に切り替える。

~木村清~

(16) 人の努力が報われるような社会であることを願っています。

~木村清~

(17) 私たちにゴールは無く、お客様からのニーズがある限り、その期待に応え続けます。

~木村清~

(18) 日本の借金がなくなって明るく元気のいい国にしたい。

~木村清~

(19) 和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。とても嬉しく思うと同時に、和食に携わる人間として、大きな責任を感じています。

~木村清~

(20) 人材がいなかったら育てる。その気迫が大事です。

~木村清~

(21) いい考えが思い浮かばなかったら明日にするか、人に意見を聞く。

~木村清~

(22) 安泰と思ってはいけません。心配なのはお客さんが満足してくれているかどうかです。

~木村清~

(23) 私にとって「マグロ」は何よりも特別な魚です。

~木村清~

(24) 今あるものより、いいものを提供する。自社で開発する。

~木村清~

(25) 私は常に、人が喜ぶもんを考えてるんですね。ドラえもんのポケットですよ。こんなのあったらいいな、と思ったらやってみる。

~木村清~

(26) 今の時代の経営は、即断即決で動かないと話にならない。

~木村清~

(27) ピンチや修羅場はいくらでもあった。

~木村清~

(28) 「働く」ということはどういうことなのか?私はこのような少年時代のアルバイト経験を通して、一つ一つ学んで行きました。

~木村清~

(29) 伸びる分野に力を入れることが大事。

~木村清~

(30) 人間は極限状態になると、すごい力が湧いてくることが分かった。

~木村清~

目次
閉じる