前澤友作の名言20選|心に響く言葉

目次

前澤友作のプロフィール

前澤友作(まえざわ ゆうさく)
・1975年11月22日生まれ、千葉県鎌ケ谷市出身。
・ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長。
・現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人現代芸術振興財団の会長。
Wikipedia

前澤友作の名言 20選

(1) 人生は一度きり。楽しくやった方がいいでしょう?それができていない最大の原因は本人が「楽しもう」としていないからですよ。

~前澤友作~

(2) 時計を気にしながら仕事に取り組むのではなく、時間を忘れるほど楽しみながら知恵を絞る方が良いものができる。

~前澤友作~


(3) 「カッコ良さ」とは何に対しても真面目で優しく、謙虚であることだと思います。

~前澤友作~

(4) 僕だって不安になるし、落ち込みもします。だけど多くの人が喜ぶ正しい商売をしているんだと思うことで、そうした不安を解消してきました。

~前澤友作~

(5) 基本から考えれば、解決策は見つかります。大事なときほど基本に立ち返れる人は強い。

~前澤友作~

(6) 売上は二の次です。

~前澤友作~

(7) みんなが「これが好きだから働く」という思いを共有していれば、スピードだ効率だと社員の尻を叩かなくても、自然と仕事は速くなります。

~前澤友作~

(8) 何が生産性を分けるかといえば、それは集中力です。集まって集中して仕事をしてさっさと帰る。あるいは余った時間はみんなで遊ぶ。

~前澤友作~

(9) ウサイン・ボルト(短距離走金メダリスト)がどんなに足が速いといったって、100メートル9秒台は切れません。逆に足が遅い人でも、15秒あれば走れてしまう。その差はわずか6秒。つまり、人間の能力にはそれほど差はないのです。

~前澤友作~

(10) 「仕事を楽しもう」「カッコいい人になろう」という言葉は、競争を煽るより、よほどスタッフの心に響くし、会社にもいい影響をもたらします。

~前澤友作~

(11) 会社を大きくしようというような野心はあまりないのです。ただ、僕らの会社がメジャーになることによって世界がいい方向に変わるなら、大きくなることを躊躇する理由はありません。

~前澤友作~

(12) 採用時に、人は何のために働くのか、それを必ず問いかけ考えてもらいます。深く考えれば行き着くところはひとつのはずです。

~前澤友作~

(13) うちでいう「いい商品」とは、売れる商品ではありません。自分たちが愛情を込められるかどうかが、基準となっています。

~前澤友作~

(14) 人生はずっと続いていく。

~前澤友作~

(15) 誰かがサボったり、会社に来なくなったりしても、それはみんなの責任です。来ない人が悪いとは、一切、考えない。

~前澤友作~

(16) 「ZOZOTOWNに来た人にもっと喜んでもらう」というのが、僕と社員の共通したやりたいことで、ここは絶対にブレていないという自信があります。

~前澤友作~

(17) 僕にとってお客さんはあくまで、同じ感覚を持った友達です。ここでいう友達というのは、僕個人ではなくスタートトゥデイの友達ということです。

~前澤友作~

(18) 社員のみんながスタートトゥデイをもっと楽しめる会社にする、そしてそれを世の中に広げていく。これが僕の働く目的かもしれません。きっとそうで。

~前澤友作~

(19) とにかく二番煎じが嫌なんです。他の人と同じことをやっても仕方がない。

~前澤友作~

(20) 悩んだ時には人の話に耳を傾ければいい。

~前澤友作~

目次
閉じる