マイケル・デルの名言20選|心に響く言葉

目次

マイケル・デルのプロフィール

マイケル・デル
・1965年2月23日生まれ、アメリカ合衆国・テキサス州ヒューストン出身。
・アメリカ合衆国の実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。
・「販売店やディーラーを介さず、注文生産の製品を直接顧客に販売する」というコンピュータ業界初の直販制度を採用したことでデルは急成長し、1988年には24歳の若さで NASDAQ に株式公開を果たした。
Wikipedia

マイケル・デルの名言 20選

(1) 私の意思決定にはデータ重視のものと、直感重視のものがある。

ただ、感情で決めることはない。
最も単純なやり方が最も優れている場合が多い。

~マイケル・デル~

(2) (非公開化のについてのコメント)
次の四半期、次の会計年度、株主を気にすることなく、エネルギーの100%を顧客とパートナーの成功に注ぐことができる。

~マイケル・デル~

(3) 仕事が上手くいっても、10億分の1秒だけ祝って先に進むのだ。

~マイケル・デル~

(4) デルでは、すべての社員がオーナーなのである。

~マイケル・デル~

(5) 天職が見つかったとか見つからないとか、あるいはまだ探している途上であっても、情熱なくしてはそれを生涯の仕事として駆り立てていくことはできない。

~マイケル・デル~

(6) 究極のセグメンテーションは、顧客をそれぞれ個別に扱うことである。

~マイケル・デル~

(7) 私たちの成功の基礎となったのは、顧客が提供してくれたアイデアやフィードバックなのである。

~マイケル・デル~

(8) 顧客がどう使うかわからない技術より、求められるサービスを開発することこそ革新。

~マイケル・デル~

(9) 多くの人が、自分が死んだあと、そのお金についてどうするか思案しているが、そんな事はどうでもいい。

自分が今ここにいる間にそのお金をどうやって人の役に立たせることができるか。
それが大事なのだ。

~マイケル・デル~

(10) speed is everything in this business ー このビジネスではスピードがすべてだ。

~マイケル・デル~

(11) 確実に利益を上げるのがデルの経営モデル。
だが革新的な技術を生む起業家の発掘は、それ以上に楽しくて高収益。

~マイケル・デル~

(12) 我々は顧客満足度の向上を最大の経営目標としてきた。

~マイケル・デル~

(13) 作業には忍耐が必要。
しかし、結果が出ないと判断したら途中でやめて、他の方法を試すという決断をとらなければなりません。

~マイケル・デル~

(14) IT業界で利益を生み出すには2とおりのやり方がある。
ITを複雑にするか、シンプルにするかのどちらかだ。

競合の多くはITを複雑にして儲けているが、Dellはシンプル化に注力する。
シンプル化こそ、顧客の時間やお金、人材の有効活用を実現するキーとなるのだ。

~マイケル・デル~

(15) 同じことを続けているだけじゃ、駄目になる。

~マイケル・デル~

(16) データをどう活用するかが重要。
それを利用して結果を改善できる。

~マイケル・デル~

(17) 粘り強さと気骨が大切。

~マイケル・デル~

(18) (出欠や成績などの基本データを収集、保存、分析するシステム「Ed-Fi」開発についてのコメント)
転校はもちろんのこと、学年が変わるだけでも、教師はその子が前の年にどう過ごしたかを把握していないことが多い。

~マイケル・デル~

(19) アジアは地球上の60%近い人口がおり、潜在的なインターネット利用者が非常に多く、世界で最も急速に成長するPC市場である。

~マイケル・デル~

(20) 約束は控えめに、実行はたっぷり。

~マイケル・デル~

目次
閉じる