宮本茂の名言・格言20選|心に響く言葉

宮本茂のプロフィール

宮本茂(みやもと しげる)
・1952年11月16日生まれ、京都府船井郡園部町 (現・南丹市)出身
・任天堂代表取締役 フェロー、ゲームプロデューサー
・『スーパーマリオシリーズ』や『ゼルダの伝説シリーズ』、『ドンキーコングシリーズ』の生みの親として知られる

Wikipedia

宮本茂の名言・格言 20選

(1) アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである

~宮本茂~

(2) キャラクターというのは古びていくものなので、そうさせないように最新の技術と組み合わせていくのがマリオの未来

~宮本茂~

(3) アイディアがまとまるのは、お風呂に入ってる時かな。お風呂で浮かんだアイディアはかなり正確ですが、逆にアテにならないのが布団の中のアイディア

~宮本茂~

(4) 運が良かった

~宮本茂~

(5) ナンバー1になるにはリスクを冒す必要があります

~宮本茂~

(6) まずは“こんなゲーム”という骨組みがしっかりあって、それに合った世界観を作り上げる。これは昔も今も変わらない

~宮本茂~

(7) 流行を追いかけるのではなく、自分自身が何を作るかが一番大事

~宮本茂~

(8) 古いか新しいかとかよりずっと残るものを創りたい

~宮本茂~

(9) 任天堂は技術よりも独創的な何かを見つけることに重点を

~宮本茂~

(10) ゲーム制作はですねー、夢のような世界ですよー

~宮本茂~

(11) トップになるには多くの努力を仕事に払う必要がある

~宮本茂~

(12) 誰かがゲームをプレイしたあとに、ストーリーが心に残るかどうかが大切

~宮本茂~

(13) あえて作り過ぎない

~宮本茂~

(14) こうしたいっていうゴールさえあれば、誰がどこでなにをするというのを積み上げて、一番単純な構造が作れます

~宮本茂~

(15) 持っていることに何か意味を感じてもらえるような物をゲームでも作りたい

~宮本茂~

(16) 任天堂らしさとは人を楽しませることに貪欲

~宮本茂~

(17) どう飽きささないか

~宮本茂~

(18) 僕らは常に未来の理想に向けてではなく、今やれる最高のことだけを目指してきた

~宮本茂~

(19) 大好きなことに打ち込む

~宮本茂~

(20) 作る側としては、まずゲームシステムがあって、そこに被せるものがキャラクターなんです。マリオは被せやすいガワになってる。彼を使うと、ネタが考えやすいんですよね

~宮本茂~