小倉昌男の名言・格言20選|心に響く言葉

小倉昌男のプロフィール

小倉昌男(おぐら まさお)
・1924年12月13日 – 2005年6月30日、東京都出身
・日本の実業家、ヤマト福祉財団理事長
・ヤマト運輸の『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親である

Wikipedia

役所と戦い「宅急便」広げる

小倉昌男さんは、ヤマト運輸で「宅急便」をスタートさせ、経営危機にあった同社を日本有数の優良企業に成長させた中興の祖です。

穏やかな人柄ですが、個人向け小口貨物の宅配事業を始めるために運輸省相手に行政訴訟を起こし、「お上」と戦う姿勢を鮮明にしました。役所ににらまれても、正しいと信じた主張を貫きとおし、新たなビジネスモデルを世の中に定着させてきたのです。

運輸業を近代的な産業として確立させるため、生産者中心ではなく、消費者中心の経営にシフトすることに力を注ぎました。小倉イズムは今もヤマト運輸に生きています。

小倉昌男の名言・格言 20選

(1) リーダーが考えるべきは部下に仕事を任せることだろうと私は思う

~小倉昌男~

(2) 考えて、考えて、考え抜く。でも、わからないことがある。その場合はやってみることである

~小倉昌男~

(3) 人格・品格の無い人に起業は無理です。限りのある短い人生なんだから品格高く志高く生きて欲しい

~小倉昌男~

(4) 宅急便を考えたとき、単なる一企業の事業ではなく、社会的なインフラになるし、そうしたいと思っていた。思い上がったことだったかもしれないが、それは私の志だった

~小倉昌男~

(5) 自分の都合だけを考えて商売を続けていると会社は駄目になります

~小倉昌男~

(6) デメリットのあるところに、ビジネスのチャンスがある

~小倉昌男~

(7) 社員は将棋やチェスの駒ではない。それぞれが自分の生活を豊かにすべく生きている生身の人間である。そして彼らの幸福は、社長の腕一本にかかっていると言ってもいいだろう

~小倉昌男~

(8) 年功ではなく能力の有無を中心に考えるというのは正しいと思うけれど、だから能力の高い人を大事にし、能力の低い人はいないほうがいいというような言い方を聞くと、ちょっと違うのではないかと思う

~小倉昌男~

(9) 粉飾決算は絶対にやってはいけない。売上が目標に届かなかったときの不安や動揺はわかるが、そこは歯を食いしばって耐えなければいけない

~小倉昌男~

(10) リーダーとしての責任を果たすためには、多少の遠回りは覚悟の上で、自分の頭で考えられる部下を育てなければいけない

~小倉昌男~

(11) 自分に合った理想の仕事を探すのではなく、目の前にある仕事に惚れることが大事

~小倉昌男~

(12) 長期的な視野で企業にいい循環をもたらそうと思ったら、大切なのは細かいことの積み重ね

~小倉昌男~

(13) やりたいことが見つからないと言う若者は、どこかに必ず自分にぴったりあった仕事があって、いつかそれに出会えるはずだと言う錯覚を持っているような気がしてならない。それは順番が逆だ。どこかに好きな仕事があるのではなく、目の前にある仕事を好きになれるかどうか

~小倉昌男~

(14) 人を動かす術を持ち合わせていなければ、自分の企画を形にすることはできない

~小倉昌男~

(15) (働いている人は)いい仕事をしたという手ごたえがあるときほど、他人にもいい仕事をしたと認められたいのだ

~小倉昌男~

(16) 宅急便事業開発時の5つの基本的考え方 ・需要者の立場に立ってものを考える。 ・不特定多数の荷主または貨物を対象とする。 ・他より優れ、かつ均一的なサービスを保つ。 ・永続的、発展的システムとして捉える。 ・徹底した合理化を図る。

~小倉昌男~

(17) 企業が不祥事を起こしたとき、会社の幹部がテレビカメラの前で申し訳ありませんと謝罪しても世間が納得しないことが多いのは、その態度が心から謝っているように見えないからだろう

~小倉昌男~

(18) 会社を潰したくなければ、消費者の動向に常に敏感にならなければいけないし、逆にそうした行為が会社を成長させ、さらには日本経済の活性化につながっていく

~小倉昌男~

(19) 私は従業員と言う言葉があまり好きではない。会社が雇っている人々のことは、必ず社員と呼ぶことにしている。それほど深い意味があって使い分けているわけではないが、従業員の「従」という語感がどうも好きになれない

~小倉昌男~

(20) 論理だけじゃ利益は出ない。しかし経営に筋道を立てないと利益が出ないことも事実

~小倉昌男~