フィリップ・コトラーの名言・格言20選|心に響く言葉

フィリップ・コトラーのプロフィール

フィリップ・コトラー
・1931年5月27日生まれ、アメリカ合衆国イリノイ州出身
・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院SCジョンソン特別教授
・現代マーケティングの第一人者として知られ、「マーケティングの神様」と評される

Wikipedia

フィリップ・コトラーの名言・格言 20選

(1) マーケティングは販売に注力するのではなく、むしろ販売が不要なほど魅力的な製品の開発に注力すべきだ

~フィリップ・コトラー~

(2) 顧客を理解すること。
そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ

~フィリップ・コトラー~

(3) 差別化は二つの問題をはらんでいる。

一つは、多くの差別化が顧客の目にはどうでもいいことのように映っていること ー つまり、まがいものや魅力に欠けるものと受け止められていることである。

もう一つの問題は第一の問題以上に深刻なものだ。
それは、たとえ効果的な差別化を図れたとしても、競合他社に簡単に模倣されてしまうという問題である。
ほかに差別化要因がなくても、卓越したサービスそのものを強力な差別化要因とすることは可能である

~フィリップ・コトラー~

(4) 私たちの製品やサービスに満足だけでなく、喜びすら覚えた顧客は、同じニーズを持つほかの顧客に製品を推奨してくれる。
さらに、新製品を「ともに作り出す」ことを望む顧客や企業を招き入れることも期待できる。
そうした顧客は製品の共同制作者という意識を持つ

~フィリップ・コトラー~

(5) マーケターの目的は、特定の市場のニーズと欲求を理解し、最もうまく対応できる市場を選択することにある。
そして、その市場の顧客に価値と満足を与えるような製品やサービスを開発すれば、企業の売上格段や利益につながる

~フィリップ・コトラー~

(6) 人間の歴史で、空母を手足のように運用できたのは、英国、米国、日本の三カ国しかないんだよ

~フィリップ・コトラー~

(7) 新しい戦略の一部分をまねすることと、その戦略全体を模倣することとは、まったく別問題である。


偉大な戦略というものは、容易にまねのできない多くの強力な活動をもとにした独自の組み合わせから構成されている

~フィリップ・コトラー~

(8) 有望と思えたアイデアが、本当はどの程度の価値を持つのか。
それを調べるための資金をきちんと確保しておく必要がある。
必要な金額はアイデアごとに違ってくる

~フィリップ・コトラー~

(9) ボツになったアイデアは記録しておくべきだ。


ボツになったアイデアの山が、別の人のインスピレーションの源となる場合もあるからだ

~フィリップ・コトラー~

(10) 市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。
いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。
新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。
顧客の動きを察知し、景気後退期における価値の再定義を急がなければなりません

~フィリップ・コトラー~

(11) サービスを工業化したり経費を削減しようとすると、短期的には効率が上がるが、長期的には、サービス品質を刷新したり維持したり顧客ニーズに答える能力を減少させることになる

~フィリップ・コトラー~

(12) マーケティングの基本となる最も重要な概念は、人間のニーズである

~フィリップ・コトラー~

(13) マーケティング・ミックスとは、コントロール可能な戦術的マーケティング・ツールと定義すると4つの要素グループに分類できる。


「製品(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「プロモーション(Promotion)」の4Pである

~フィリップ・コトラー~

(14) 皆がマイナス思考に陥っているときにこそ、違う視点から市場を見つめ、大胆に行動することこそがマーケティングの真骨頂なのです

~フィリップ・コトラー~

(15) 失敗から何かを学び、成功に結びつけるのが真のマーケティングである

~フィリップ・コトラー~

(16) マーケティングは一日あれば学べる。


しかし、使いこなすには一生かかる

~フィリップ・コトラー~

(17) 未来を見通すためには、歴史を知らなければなりません

~フィリップ・コトラー~

(18) マーケティング理論に必ず出てくる『4つのP(製品・価格・流通・プロモーション)』を結び付けて、一体化させる要がブランドなのです

~フィリップ・コトラー~

(19) 皆がマイナス思考に陥っているときにこそ、違う視点から市場を見つめ、大胆に行動することこそがマーケティングの真骨頂なのです

~フィリップ・コトラー~

(20) マーケティングとは経営そのもので、消費者に自社を愛してもらうことが最終的なゴールだ

~フィリップ・コトラー~