桜井章一の名言・格言30選|心に響く言葉

桜井章一のプロフィール

桜井章一(さくらい しょういち)
・1943年8月4日、東京都下北沢生まれ。
・経営者、雀士、著作家。
・雀荘の経営、麻雀の自伝・自己啓発の分野で書籍の出版に携わっている。
・1988年3月28日に「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開設。
・1991年に「雀鬼会」という組織を作り、桜井章一の雀風や生き方を意味する「雀鬼流」を指導している。
Wikipedia

桜井章一の名言・格言 30選

(1) 腹を立てたら、負けてしまう。

~桜井章一~

(2) 心温かきは万能なり。

~桜井章一~

(3) 弱い人は、修正力がない。

~桜井章一~

(4) 「悪い運」の連鎖から脱けるには、逃げずに早めにケリをつけることだ。

~桜井章一~

(5) 不安や迷いの原因は、「感激」「感動」「感謝」が足りないことだ。

~桜井章一~

(6) 欲が多いと、「運」を逃がす。

~桜井章一~

(7) 理想的なのは、「よい内容で勝つ」こと。次に望ましいのは、「よい内容で負ける」こと。3番目が「悪い内容で負ける」ことであり、最も下なのは「悪い内容で勝つ」こと。

~桜井章一~

(8) 借りを返さないと、「ツキ」が落ちる。

~桜井章一~

(9) 利口になるよりバカになれ! バカになれたら楽になる。人に笑われる人間になった時、君は一人前だ。

~桜井章一~

(10) 失敗した時にどういう態度をとるかが、失敗を起こした後の一番の勝負どころになるのです。

~桜井章一~

(11) 強い人間とは、決して準備を怠らず、成し遂げ、後始末をおろそかにしない。つまり「間に合う」ということだ。

~桜井章一~

(12) 本当の「勝負所」は圧倒的に不利なときにこそ訪れる。

~桜井章一~

(13) 誰かが困っていれば、理屈を考える前に行動する。瞬間に手を差し伸べる。それが愛です。

~桜井章一~

(14) 「運」は見えない。ゆえに感じなければならない。

~桜井章一~

(15) 恨みを抱き続ける「お化け」になるな。自分を責めず、相手を責めず、上手にあきらめられる人間になれ。

~桜井章一~

(16) 「勝つ」ことではなく「負けない」ことにホンモノの強さはある。

~桜井章一~

(17) 麻雀に長考はない。それは考えているのではなく、迷っているだけだ。

~桜井章一~

(18) 自分との約束を守れるかだ。朝5時に起きると、自分に約束したら起きる。日常生活で、何かを決めたら死守するという闘いだよ。

~桜井章一~

(19) 期待しなければ苦しくならない。

~桜井章一~

(20) 悪い状況を改善するには、ウソやごまかしをやめることである。

~桜井章一~

(21) 「失敗」イコール、「負け」ではない。

~桜井章一~

(22) 慎重すぎると、「運」は逃げていく。

~桜井章一~

(23) 勝負において、相手の情報は必要ない。

~桜井章一~

(24) 軽い嘘が習慣になると、大きな嘘をつくようになる。

~桜井章一~

(25) 人間、立ち戻る場所がないと迷いが増えて弱くなる。その反対に立ち戻る場所があると強くなる。

~桜井章一~

(26) 本当の男なら安定を求めず、存在することで周りに安心感を与えろ。

~桜井章一~

(27) ちょっとした調子の乱れは、30分で回復する。

~桜井章一~

(28) 「仲間」というのは輪になっている関係だ。「仲間」の中には、当然、意見の合わない人もいるし、気に食わないヤツもいる。だが、そういった個人的感情を超えてつながっているのが「仲間」なのである。

~桜井章一~

(29) 遠くにあるものばかり望んで君は身近にある大切なものを失っているぜ。

~桜井章一~

(30) やるべきことが多いほど楽しい。

~桜井章一~