澤田秀雄の名言・格言30選|心に響く言葉

澤田秀雄のプロフィール

澤田秀雄(さわだ ひでお)
・1951年2月4日に生まれ、大阪府出身。
・株式会社エイチ・アイ・エス取締役会長。
・澤田ホールディングス代表取締役会長、エイチ・エス証券取締役会長。
・2003年3月よりモンゴルAG銀行(現・ハーン銀行)の取締役会長。
Wikipedia

澤田秀雄の名言・格言 30選

(1) 一本の木を見つめる細心さと、森全体を見渡す大胆さが大切だ。

~澤田秀雄~

(2) 達成感という感動は人間の感性を刺激し、生きがいというパワーを生む。生きる原動力となる。

~澤田秀雄~

(3) 難問にぶつかった時、チャレンジの血が騒ぐんです。これはもう私の病気だよね。

~澤田秀雄~

(4) 自信が失せると能力も下がりますから、本当はできることまでできなくなってしまいます。失意泰然と言うように、ピンチのときはたとえ空元気でも明るくどっしりと構えていることが一番なのです。

~澤田秀雄~

(5) 万人に平等に与えられている1日24時間という時間をいかに過ごすかによって、成果が5倍、10倍、時には100倍にもなる。

~澤田秀雄~

(6) 私ももちろん不安になることもあります。でも不安になったときこそ、「絶対にできるんだ」と自分に言い聞かせ、それこそ空元気を出し続けました。そうしたら不思議なことに、ものごとはいい方向に進んでいったのです。

~澤田秀雄~

(7) 逆境というのは見方を変えれば、自分を鍛え、経験値を高める絶好の機会だといえます。そう考えたら暗くなる必要なんてないでしょう。

~澤田秀雄~

(8) 社員一人ひとりがやる気を持って仕事に取り組んでいるかどうかで企業の業績は決まります。しかし、人をやる気にさせるというのは簡単なことではありません。

~澤田秀雄~

(9) 優秀な人ばかりを集めようとして、できるものでしょうか。仮に優秀な人ばかりを採用できたとしても、その優秀な人たちの一部が手を抜き出して優秀ではなくなるのが、組織というものです。

~澤田秀雄~

(10) 大手と戦うベンチャー企業は、「ニッチだけどいずれはマスになる」ような市場を見つけなければなりません。

~澤田秀雄~

(11) 中途半端なことをやってもお客さんは来ません。

~澤田秀雄~

(12) すべての物事には、「陰」と「陽」の二面性があります。ガマンするときなのか、それとも攻めるべきか。冷静に状況を分析して、判断しなければならないのです。

~澤田秀雄~

(13) 真面目な努力に加え、意義も大切です。何のために会社はあるのか、社会的貢献など、考え方や目標がしっかりしていないと長続きしません。

~澤田秀雄~

(14) 「ゴールのないレースは走れない」とよく言います。集団にとって大切なことは、同じ夢とか、同じ目標、志、ゴールを持っていることです。企業にとってそれは企業理念です。

~澤田秀雄~

(15) みんながハッピーになれる事業は必ず成功する。

~澤田秀雄~

(16) 数々の失敗があったからこそ、今がある。

~澤田秀雄~

(17) 努力する人には必ず運が向いてきます。それを見逃さないこと。

~澤田秀雄~

(18) 利益は大切ですが、いかに世の中のためになるかが企業にとって一番大切だと思います。

~澤田秀雄~

(19) チャレンジしている人が減っている日本の状況に危機感を抱いています。日本は豊かになり、あえて何かに挑戦しなくてもとりあえず食べていけるようになりました。言わば、ぬるま湯に浸かっている状態です。しかし、いずれは必ず茹で上がってしまう。それは企業においては倒産を意味します。

~澤田秀雄~

(20) 資金力やブランドカが小さい状態から事業を立ち上げるには、他社に先駆けて参入することが不可欠。そのためには、人と違った見方で新しい需要を見つけなくてはなりません。

~澤田秀雄~

(21) 人口減少や少子高齢化で日本経済は先細りだとよく言われます。しかし、工夫次第でチャンスはいくらでも広がっています。それを生かさないなんてもったいない。

~澤田秀雄~

(22) 会社が大きくなると、経営者には驕りが生まれたり、安心感から油断が生じたりします。すると、変化の激しい時代ですから、すぐに時代にマッチできなくなります。

~澤田秀雄~

(23) 私は旅が大好きなんです。遠く見知らぬ国を一人で訪ねる。それは私にとって、冒険であり、チャレンジです。旅は、ぼくの可能性を試すチャンスなんです。そして、旅はビジネスに似ています。ビジネスもまた、自分の人生を賭け、自分の可能性を試す冒険でありチャレンジですから。

~澤田秀雄~

(24) 小さな器では、小魚しか入れません。一方で海は、サメもクジラも小魚もプランクトンも、すべてを受け入れています。企業も同じように、優秀な人もそうでない人も、ときに手を抜く人も、みんな受け入れてこそ大きくなることができる。

~澤田秀雄~

(25) 世の中の変化は激しい。以前なら10年かかったことも、いまでは数年でがらりと変わります。チェレンジをしないと時代に乗り遅れてしまう。先が見えない激動の時代だからこそ挑戦が必要なのです。

~澤田秀雄~

(26) 失敗してもいいんですよ。失敗も経験値になりますから。失敗体験の中には、新しいものを生み出し、問題点を解決するヒントが必ず隠されています。

~澤田秀雄~

(27) 念じることによって生じる不思議な力は、念じたその瞬間から働く。古今東西、成就への道は同じだ。歴史もこの瞬間から始まるのである。

~澤田秀雄~

(28) 人間は知らないうちに自分の思考に枠をはめてしまうので、視線も興味があるものにしか行きません。その枠を外さなくては、新しいものは見えてきません。

~澤田秀雄~

(29) 企業家に必要なのはやっぱりハングリー精神。素地がハングリーで夢と志が大きい人。

~澤田秀雄~

(30) 経営は人がすべて。人材が育つかどうかで、会社の行く末が決まります。

~澤田秀雄~