鈴木清一の名言・格言10選|心に響く言葉

鈴木清一のプロフィール

鈴木清一(すずき せいいち)
・1911年 – 1980年、愛知県碧海郡大浜町出身
・金光教、一燈園の熱心な信者としても知られた

Wikipedia

鈴木清一の名言・格言 10選

(1) 一日一日と今日こそは、あなたの人生が新しく生まれ変わるチャンスです

~鈴木清一~

(2) 自分が幸せになりたい、金儲けをしたいと思うのなら、まず自分のことを二の次において人に喜ばれることを身をもって実行していくことだ。理屈抜きに働いてみることだ。必ず食べるに事欠かないどころか、もっと豊かな暮らしができる

~鈴木清一~

(3) 人をかき分けて進んでも、自分だけいい目をみればそれでいいと考えている人が多いが、先に行きたいと思っている人には行かせればよい。私は世の中に喜びの種を撒いてゆきたい。これが祈りの経営の精神です

~鈴木清一~

(4) 「人を助ける」とは思い上がりもはなはだしい、と気付いたときに「人につかえる」まして商売人の私は「お客様につかえる」のだ、と思ったらうなずけました

~鈴木清一~

(5) なにが正しくて、なにが正しくないかは、神様にしたってわからない。でも、なにか起こったとき、たとえ自分に分が悪い損の道であっても、相手に喜んでいただければと考えて行動すれば、すべて物事は解決する

~鈴木清一~

(6) 信念を実行に移しなさい、迷うことはない。あなたの信念を押し通すことです。少なくともそれは、自分だけのことでなく、他人のためにもなることであるなら、さあ、おやりなさい

~鈴木清一~

(7) ぐずぐずして実行しないことが一番いけないことです。失敗を恐れる思想は、成功へのチャンスを見失うことです

~鈴木清一~

(8) その気になったら楽になった。損をする覚悟が出来たら楽になった。自分が悪い、お詫びをしようという気になったら楽になった

~鈴木清一~

(9) 水はたえず澄もうとしている。静かに落ち着くことだ。りきむな ひるむな こだわるな!生かさるるまま、水のごとくに

~鈴木清一~

(10) 出会った人々 その人に出会ったことから今までの人生とはちがう新しい道が開けてゆくのです

~鈴木清一~