ヴィダル・サスーンの名言・格言20選|心に響く言葉

ヴィダル・サスーンのプロフィール

ヴィダル・サスーン
・1928年1月17日 – 2012年5月9日、イギリス ロンドン出身
・イギリス生まれのイスラエル人であり、ヘアドレッサー、実業家である
・髪の毛を切る際に頭をいくつかに区画分けして、それぞれの区画の髪の毛をクリップ等でまとめて止めて分けた上で、髪の毛を人差し指と中指の間に1cm程の厚みで引き出してから切る『サスーンカット』は、現在の理容師や美容師の基本技術となっている

Wikipedia

ヴィダル・サスーンの名言・格言 20選

(1) 成功が努力の前に出てくるのは、辞書の中だけである

~ヴィダル・サスーン~

(2) 瞳の奥に輝きを生む髪型を作ります

~ヴィダル・サスーン~

(3) 褒め過ぎだと思われるかもしれませんが東京は僕にとって世界でもっとも革新的な街です

~ヴィダル・サスーン~

(4) たった1本のハサミだけでカットする極意を彼から学んだ

~ヴィダル・サスーン~

(5) 言うまでもなく、カット前に顔を分析し、骨格を知り、骨の高さを研究することで、どの角度から見ても盲点がないカットを徹底するんだよ。


ヘアカットはお客をイスに座らせてチョキチョキすることじゃない。
その人の骨格を研究することなんだ

~ヴィダル・サスーン~

(6) 今は利益が優先されているように思う。

1960年代の私たちは、儲かるかどうかは分からなくても革新的な何かをすることに興奮していた。
ある時、私はスタッフに週末も店に出るように言った。

彼らはためらうことなく応じ、私は休憩用に2つの部屋を用意した。
週末も休みなく働いた結果、ザ・グリーク・ゴッデスが生まれた。
パーマを加えたジオメトリック・カットだ。

スタッフ全員が構想に関わり、若い見習いまでもがプロジェクトに加わった。
家族のように結束したスタッフのおかげで、私の成功は生まれたんだ

~ヴィダル・サスーン~

(7) バックのトップレイヤーは短め
レイヤーごとにカットし横は長めに残す
そうするとサイドから大きなアングルができる
頭を振っても元に戻る
彼女はマネージャーとチェスを始め
鏡を見なかった

~ヴィダル・サスーン~

(8) 1960年代の感覚を今の時代に呼び戻せば社会は変わる

~ヴィダル・サスーン~

(9) 母が「美容師になれ」と強く言ったんです

~ヴィダル・サスーン~

(10) つまり自分たちが何を達成したいのか、なにをやりたいかはっきりしていたので、そのためには10年の歳月が必要でした

~ヴィダル・サスーン~

(11) ファイブポイントカットが生まれるまでにボブや片側だけジオメトリックにしたり完成までに9〜10年かかったのです

~ヴィダル・サスーン~

(12) 当時美容は、ほとんどの人にとってアートではなかった。
自然にそういう流れになっていきました

~ヴィダル・サスーン~

(13) 女性のネックラインは美しいものです

~ヴィダル・サスーン~

(14) アート、ファッション、建築などをトータルで見て日本のようになれる国はなかなかありません

~ヴィダル・サスーン~

(15) 幸運にも僕のアカデミーには新しいものを求めて学んでいってくれます

~ヴィダル・サスーン~

(16) 予知夢のようなものを見たと言うのです
僕が美容師になる予知夢を

~ヴィダル・サスーン~

(17) 彼女の夢には口答えできない
そういう強い母親でした

~ヴィダル・サスーン~

(18) 僕は14歳のときから働きはじめて
14歳半ばに美容の世界に入りました

~ヴィダル・サスーン~

(19) 美容におけるそのカットの意義を
どうしても世間に訴えたいと思ったからだ

~ヴィダル・サスーン~

(20) 3年前、英国の一流出版社カペル&ランドのジョージア・カペルとアニタ・ランドから自伝の出版を持ちかけられたが、その時は断った。

その後、気が変わって、ゴーストライターに頼らず自分の言葉で自伝を書きたいと思った。

とてもすばらしい経験だったよ。
ロンドンの優秀な編集者チームが協力してくれた。

私の人生における成功はいつも、一流のチームに支えられていると思うよ

~ヴィダル・サスーン~